コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロア・ド・フ クロア・ド・フCroix-de-Feu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロア・ド・フ
Croix-de-Feu

「火の十字架」を意味するフランスの右翼団体。ラ・ロック大佐を中心とする在郷軍人によって 1927年に創立された。反議会主義,反共主義,反資本主義を唱えて急進的ブルジョア青年をひきつけ,34年スタビスキー事件が起ると2月6日の暴動に参加した。人民戦線政府成立後 36年に解散させられたあとフランス社会党 PSFと改称して存続,38年には 200万の支持者を集めた。この党のスローガンである「労働・家庭・祖国」はビシー政府のスローガンに採用されるなど,第2次世界大戦中のフランス・ファシズムの主流を形成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロア・ド・フ
くろあどふ
Croix de Feu

戦間期フランスの右翼的政治団体。火の十字団と訳す。1927年に香水王フランソア・コティの援助を受けて発足したころは、第一次世界大戦でクロア・ド・ゲール(戦功十字章)を受勲したエリート在郷軍人の団体であったが、31年ラ・ロックFranois de La Rocque(1885―1946)中佐が団長となると、青年、婦人なども付属団体に加えて「政党からの超越」を唱えつつ政治的性格を強めた。34年2月のパリ騒擾(そうじょう)事件では、慎重な行動をとったにもかかわらず一躍脚光を浴びた。以後急速に勢力を拡大し、左翼からもっとも危険なファショ団体と目され、皮肉にも人民戦線の形成に間接的に寄与した。36年6月、他の右翼団体とともにブルム人民戦線内閣により解散させられると、ただちにフランス社会党(PSF)と改称し、ビシー政権時代まで存続した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロア・ド・フの関連キーワードF.デ ラ・ロック砲火の十字団ラ・ロック

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android