コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロア・ド・フ クロア・ド・フ Croix-de-Feu

2件 の用語解説(クロア・ド・フの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロア・ド・フ
クロア・ド・フ
Croix-de-Feu

火の十字架」を意味するフランスの右翼団体。ラ・ロック大佐を中心とする在郷軍人によって 1927年に創立された。反議会主義反共主義,反資本主義を唱えて急進的ブルジョア青年をひきつけ,34年スタビスキー事件が起ると2月6日の暴動に参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロア・ド・フ
くろあどふ
Croix de Feu

戦間期フランスの右翼的政治団体火の十字団と訳す。1927年に香水王フランソア・コティの援助を受けて発足したころは、第一次世界大戦でクロア・ド・ゲール(戦功十字章)を受勲したエリート在郷軍人の団体であったが、31年ラ・ロックFranois de La Rocque(1885―1946)中佐が団長となると、青年、婦人なども付属団体に加えて「政党からの超越」を唱えつつ政治的性格を強めた。34年2月のパリ騒擾(そうじょう)事件では、慎重な行動をとったにもかかわらず一躍脚光を浴びた。以後急速に勢力を拡大し、左翼からもっとも危険なファショ団体と目され、皮肉にも人民戦線の形成に間接的に寄与した。36年6月、他の右翼団体とともにブルム人民戦線内閣により解散させられると、ただちにフランス社会党(PSF)と改称し、ビシー政権時代まで存続した。[平瀬徹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロア・ド・フの関連キーワードフランスビル三つの十字架の丘碧の十字架異端者/人間の十字架part 2黒の十字架白の十字架人間の十字架火の十字架真の十字架トゥーシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone