コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカミキリ クロカミキリ Spondylis buprestoides

2件 の用語解説(クロカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロカミキリ
クロカミキリ
Spondylis buprestoides

鞘翅目カミキリムシ科。体長 12~23mm。体は比較的短太の円筒形状,前胸は球状である。全体に黒色で光沢が鈍く,体下面は黄褐色の微毛におおわれる。雄の上翅には各3本の縦隆起線がある。触角はじゅず状で短く,上翅基部に達しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロカミキリ
くろかみきり / 黒天牛
[学]Spondylis buprestoides

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。旧北区全域に広く分布し、日本各地にも多い。体長12~25ミリメートル。黒色、光沢が鈍く、下面は黄褐色毛を密生する。頭は前に突き出し、前胸は球形、触角は短く前胸後縁に届く程度で数珠(じゅず)状。成虫は6~9月に現れ、マツ、スギなど針葉樹の倒木にみられ、灯火にもくる。幼虫は針葉樹の材や枯れ木に孔(あな)をあける害虫である。マルクビカミキリ類に近いが、クロカミキリ亜科Spondylinaeを置く学者もある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…また輸入材の増大に伴って外国産の種がしばしば発見されるようになった。 成虫の活動はノコギリカミキリ類,ホソカミキリ類,クロカミキリ類,マルクビカミキリ類(いずれも原始的な亜科)では薄暮や夜間に見られ,色彩も黒や褐色で目だたないものが多い。これらの種類は夜間,樹液や灯火に飛来する。…

※「クロカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロカミキリの関連キーワードシロスジカミキリトラカミキリトラフカミキリ桑天牛杉天牛天牛擬天牛黒天牛虎天牛花天牛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone