コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロキ くろき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロキ
くろき / 黒木
[学]Symplocos lucida Sieb. et Zucc.

ハイノキ科の常緑高木。高さ6~10メートル。樹皮は黒灰色、若枝は淡緑色で稜(りょう)がある。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形、長さ4~7センチメートル、革質で縁(へり)に波状鋸歯(きょし)がすこしある。3、4月、葉腋(ようえき)に白色の花が3~5個集まって開く。花冠は径約7ミリメートルで5深裂し、雄しべは約20本。果実は長楕円形、長さ1.0~1.5センチメートルで、秋に紫黒色に熟す。愛知県以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾、済州島に分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロキの言及

【ハイノキ】より

…近畿地方以西の本州と四国および九州に分布し,古い自然林内で群生しているところも多い。なお,同属のクロバイS.prunifolia Sieb.et Zucc.(イラスト)とクロキS.lucida Sieb.et Zucc.(イラスト)はともに常緑の小高木で,日本では本州から琉球まで見られる。またシロバイS.lancifolia Sieb.et Zucc.(イラスト)は近畿地方以西に分布する。…

※「クロキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロキの関連キーワードテングノムギメシ(天狗の麦飯)島根県隠岐郡西ノ島町別府ジョー ジョンストン島根県隠岐郡海士町キノボリカンガルートランキライザーマカコキツネザルロコベ自然保護区ジョン ランドーイワヅタ(岩蔦)ディックスクロキマイクロキャビン電子スピン共鳴調整池のアオコクロキ(黒木)男女群島と鳥島アオコ(青粉)プランクトンマツクイムシツチトリモチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロキの関連情報