コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロゴケグモ Latrodectus mactans; black widow spider

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロゴケグモ
Latrodectus mactans; black widow spider

クモ綱クモ目ヒメグモ科。体長は1~1.5cm, 0.2~0.4cm。雌は光沢のある黒色で,腹部下面に砂時計型の赤色紋をもつ。屋内外を問わず薄暗いところに不規則網をつくる。毒性の強さでは世界的に有名。アメリカの熱帯および温帯地域に広く分布する。最近の研究では,いわゆるクロゴケグモといわれるクモには数種が混っており,アメリカ合衆国の東側と西側では種が違うことがわかってきた。 L. hesperusおよび L. variolusという学名が使用され,真の L. mactansは何者か不明であるという。いずれにしてもゴケグモ属 Latrodectusの種はどれも毒性がある。クロゴケグモが日本にも貨物について入ったことがあるが,定着は確認されていない。日本にも定着したセアカゴケグモオーストラリア原産である。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロゴケグモ【black widow】

ヒメグモ科のクモ。世界一毒性の強い毒グモとして知られている。カナダ南部,アメリカ,中央アメリカ,キューバに分布し日本にはいない。体長は雌18~28mm,雄5~8mm。頭胸部,腹部ともに黒色で,雌は腹部背面後端と下面に赤色斑を,雄は腹部背面中央と,そこから両側に向かって数本の赤色または白色の横条がある。屋内性のクモで,暗い涼しい場所を好み,地下室,物置小屋,トイレ,廃屋などに生息し不規則な網を張る。毒グモとしてはオーストラリアのシドニージョウゴグモとともに世界的に有名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロゴケグモの言及

【毒グモ(毒蜘蛛)】より

…毒の成分は定かではない。もっとも有名なものは,北アメリカ~中央アメリカに分布しているクロゴケグモと,オーストラリアのシドニー周辺に分布しているシドニージョウゴグモAtrax robustusである。この2種は人や家畜に対しての刺咬(しこう)症例も多く,10例以上の死亡例を含めた多数の被害が報告されている。…

※「クロゴケグモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロゴケグモの関連キーワード毒グモ(毒蜘蛛)後家蜘蛛毒蜘蛛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android