コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワノメイガ Glyphodes duplicalis

2件 の用語解説(クワノメイガの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワノメイガ【Glyphodes duplicalis】

鱗翅目メイガ科の昆虫で,幼虫がクワに寄生する害虫。俗にクワノスムシ(桑の巣虫)と呼ばれている。地方によって異なるが,年に4回くらい発生し,幼虫の状態で樹幹や落葉の間などで冬を越す。翌春蛹化(ようか)し,第1回目の成虫は晩春に羽化する。この成虫の子孫は新葉をつづり合わせたり,若葉を折り曲げてその中にすみ,葉の片側を食べるので葉は半透明となる。第2回目の成虫は夏の初めころに羽化し,その子孫は夏にクワの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワノメイガ
くわのめいが / 桑野螟蛾
[学]Glyphodes duplicalis

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。はねの開張23ミリメートル内外。はねは白色半透明、茶褐色の帯状の紋があり、後翅は外縁部だけ茶褐色で、その内側は黒帯で縁どられている。本州北部から九州まで分布し、灯火に飛来する。幼虫は、クワの害虫としてよく知られる。緑色のイモムシで、年4回発生し、幼虫態で樹幹や根際、落葉の間などで越冬。葉を折り曲げたり、つづり合わせて中から食害するので、クワノスムシ、クワノハマキムシなどともよばれる。関東地方以西から沖縄県に分布し、幼虫がクワに寄生する近縁種をチビスカシノメイガG. pyloalisといい、かつては本種の学名を、間違ってクワノメイガに適用していた。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone