コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワノメイガ Glyphodes duplicalis

2件 の用語解説(クワノメイガの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワノメイガ【Glyphodes duplicalis】

鱗翅目メイガ科の昆虫で,幼虫がクワに寄生する害虫。俗にクワノスムシ(桑の巣虫)と呼ばれている。地方によって異なるが,年に4回くらい発生し,幼虫の状態で樹幹や落葉の間などで冬を越す。翌春蛹化(ようか)し,第1回目の成虫は晩春に羽化する。この成虫の子孫は新葉をつづり合わせたり,若葉を折り曲げてその中にすみ,葉の片側を食べるので葉は半透明となる。第2回目の成虫は夏の初めころに羽化し,その子孫は夏にクワの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワノメイガ
くわのめいが / 桑野螟蛾
[学]Glyphodes duplicalis

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。はねの開張23ミリメートル内外。はねは白色半透明、茶褐色の帯状の紋があり、後翅は外縁部だけ茶褐色で、その内側は黒帯で縁どられている。本州北部から九州まで分布し、灯火に飛来する。幼虫は、クワの害虫としてよく知られる。緑色のイモムシで、年4回発生し、幼虫態で樹幹や根際、落葉の間などで越冬。葉を折り曲げたり、つづり合わせて中から食害するので、クワノスムシ、クワノハマキムシなどともよばれる。関東地方以西から沖縄県に分布し、幼虫がクワに寄生する近縁種をチビスカシノメイガG. pyloalisといい、かつては本種の学名を、間違ってクワノメイガに適用していた。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワノメイガの関連キーワード鱗翅類寄生蠅蝙蝠蛾小菜蛾尺蛾毒蛾蜂蜜蛾螟蛾蝉寄生蛾ノシメマダラメイガ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone