コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワント クワントQuant, Mary

5件 の用語解説(クワントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワント
クワント
Quant, Mary

[生]1934.2.11. ロンドン
イギリスの女性服飾デザイナー。 1960年代ロンドンにモッズファッション呼ばれる流行を起こして登場。 1964年ミニスカートを発表し,「ミニの女王」の名を得た。オートクチュールの模倣から脱し,既製服に適したデザインを普及させた功績は高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クワント

英国の服飾デザイナー。1959年膝上丈のミニ・スカートを発表。1960年代から1970年代にかけての世界的な大流行の先駆となった。またカラータイツやヒップボーン・ベルトも作り出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワント
くわんと
Mary Quant
(1934― )

イギリスの服飾デザイナー。1960年代の若々しさの象徴、ミニスカートによって、ロンドンを世界でもっとも影響力のあるファッション・センターの一つとする功績を果たした。モッズ・ルックの元祖となった「バザー」を、1955年キングス・ロードに開店。ここで彼女は、自分が着たいと思うもの、つまり同世代の若者たちが着たいと願うものをつくりだした。59年に発表した膝(ひざ)上丈の画期的なミニスカートは、世界中をミニスカート旋風に巻き込むことになった。63年にはビートルズとともにエリザベス女王から第四等英帝国勲章を授与された。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クワントの関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クワントの関連情報