コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワント クワント Quant, Mary

5件 の用語解説(クワントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワント
クワント
Quant, Mary

[生]1934.2.11. ロンドン
イギリスの女性服飾デザイナー。 1960年代ロンドンにモッズファッション呼ばれる流行を起こして登場。 1964年ミニスカートを発表し,「ミニの女王」の名を得た。オートクチュールの模倣から脱し,既製服に適したデザインを普及させた功績は高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クワント(Mary Quant)

[1934~ ]英国の服飾デザイナー。1960年代初頭にミニスカートを発表、世界的大ブームを巻き起こした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クワント

英国の服飾デザイナー。1959年膝上丈のミニ・スカートを発表。1960年代から1970年代にかけての世界的な大流行の先駆となった。またカラータイツやヒップボーン・ベルトも作り出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

クワント【Mary Quant】

1934~ ) イギリスの服飾デザイナー。1960年代初頭にミニ-スカートを発表し、世界的支持を集める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワント
くわんと
Mary Quant
(1934― )

イギリスの服飾デザイナー。1960年代の若々しさの象徴、ミニスカートによって、ロンドンを世界でもっとも影響力のあるファッション・センターの一つとする功績を果たした。モッズ・ルックの元祖となった「バザー」を、1955年キングス・ロードに開店。ここで彼女は、自分が着たいと思うもの、つまり同世代の若者たちが着たいと願うものをつくりだした。59年に発表した膝(ひざ)上丈の画期的なミニスカートは、世界中をミニスカート旋風に巻き込むことになった。63年にはビートルズとともにエリザベス女王から第四等英帝国勲章を授与された。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワントの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン橋が落ちるどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クワントの関連情報