コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーブーズ クーブーズ qubuz

2件 の用語解説(クーブーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーブーズ
クーブーズ
qubuz

10世紀頃のトルコに現れた撥弦のリュート属楽器。西南はアラビアからエジプトまで,東は中国にまで広まる。元代の中国にイスラムの楽器として伝えられ「火不思 (ほぶす) 」と音訳された。元史の記録によると,胴は小さく,表面に皮を張り,4弦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クーブーズ【qubuz[トルコ]】

中央アジア,西アジアおよび東ヨーロッパ撥弦楽器の一種。木の胴体に皮を張り,胴より長い棹をもつリュート属の楽器で,トルコではすたれた。中国西域の高昌の発掘資料などから,モンゴル中央アジア方面にいたトルコ族の楽器と考えられ,後にイスラム時代のアラビアからエジプトにまで広がる一方,中国には元時代にイスラム教徒の楽器として渡り,ホブス(火不思)と音訳された。清代にも同類の楽器が新疆のトルコ人の楽器として献じられた記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クーブーズの関連キーワード汎アジア主義東ヨーロッパ亜欧東洋音楽アジアンポップス東ヨーロッパ時間フサスグリヨーロッパの火薬庫ハイイロガン(灰色雁)《ヨーロッパおよびアジアの北部と東部》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone