コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーブーズ qubuz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーブーズ
qubuz

10世紀頃のトルコに現れた撥弦のリュート属楽器。西南アラビアからエジプトまで,東は中国にまで広まる。元代の中国にイスラムの楽器として伝えられ「火不思 (ほぶす) 」と音訳された。元史の記録によると,胴は小さく,表面に皮を張り,4弦。三弦前身と推測できるチベットダムニヤンは,6弦であるが同系統の楽器。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クーブーズ【qubuz[トルコ]】

中央アジア,西アジアおよび東ヨーロッパ撥弦楽器の一種。木の胴体に皮を張り,胴より長い棹をもつリュート属の楽器で,トルコではすたれた。中国西域の高昌の発掘資料などから,モンゴル中央アジア方面にいたトルコ族の楽器と考えられ,後にイスラム時代のアラビアからエジプトにまで広がる一方,中国には元時代にイスラム教徒の楽器として渡り,ホブス(火不思)と音訳された。清代にも同類の楽器が新疆トルコ人の楽器として献じられた記録がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クーブーズの関連キーワード胡琴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android