コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グティ人 グティじんGuti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グティ人
グティじん
Guti

メソポタミア東方のザグロス山脈にいた遊牧民族。アッカドナラム=シングティ人を征服した (前 23世紀頃) が,のち再び侵入を受け,アッカド王朝は滅ぼされた。その後,グティ人は約1世紀の間,グティ王朝を建てバビロニアの大半を支配したが,その歴史はほとんど不明である。前 2130年頃ウルク第五王朝のウトゥケガル王によってウルクから駆逐され,それとともにバビロニアの支配は終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グティじん【グティ人 Gutians】

北西イランのザーグロス山脈中に住んでいた古代オリエントの山岳民族。人種的起源はなお不詳であるが,エラム人,ルルビ人,カッシート人らと近い関係にある。グティ人の名が最初に同時代史料に現れるのはアッカドのシャルカリシャリShar‐kali‐sharri王の治世(前2217‐前2193)で,グティ王を捕らえたという記録がある。グティ人はシャルカリシャリの死後,衰亡・混乱期にはいったアッカド王国を圧倒して,その滅亡の主要原因の一つとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のグティ人の言及

【バビロニア】より

…ナラムシンの治世に回復したアッカド帝国の栄光は,しかし永続きせず,その子シャルカリシャリ(前2217‐前2193)の代でその歴史は事実上終わる。 アッカド帝国滅亡の直接の原因は,北東の山岳地帯からやってきたグティ人の侵入であった。グティ人はそのまま南メソポタミアの大半を支配したが,ラガシュなどのように独立を保ち,遠隔地との交易で栄えた国もあった。…

【メソポタミア】より

…またこれ以後セム人がメソポタミア最南部地方にも広く住んだ。第4代王ナラムシンはさらに多くの外征を企て,王朝版図は最大となったが,南部都市を核とする大反乱が発生,また東方蛮族グティ人も王朝内に侵入を開始した。次王ののち王朝はグティ人侵入により混乱に陥るが,南部シュメール地方は比較的平和であり,とりわけラガシュは繁栄を享受していた。…

※「グティ人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グティ人の関連キーワードシュメール美術メソポタミアウル第3王朝ゴイムグデア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android