コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラス・ハーモニカ グラス・ハーモニカ glass-harmonica

3件 の用語解説(グラス・ハーモニカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラス・ハーモニカ
グラス・ハーモニカ
glass-harmonica

体鳴楽器の一種。ガラス製の大きさの異なる円盤を配列し,水で濡らして回転させ,それを指で押えて奏する楽器。 1760年頃イギリスで B.フランクリンが発明。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラス・ハーモニカ
ぐらすはーもにか
glass harmonica英語
Glasharmonikaドイツ語
harmonica de Franklinフランス語
armonicaイタリア語

擦奏体鳴楽器。水を入れた薄いガラス製のコップの縁を湿った指でこすると、水の量によってさまざまな音高が出る。この原理を応用して、アメリカのベンジャミン・フランクリンが1761年に考案した楽器で、当時はアルモニカとよばれた。椀(わん)状のガラスを横にして大きさの順に並べ、下方を水に浸しておき、中心に軸を通してペダルで回転させることで、指で触れるだけで音を出せる。モーツァルトなどがこの楽器のために作曲している。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラス・ハーモニカの関連キーワード気鳴楽器弦鳴楽器体鳴楽器ファゴット方響膜鳴楽器蜻蛉玉サンザステムグラス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラス・ハーモニカの関連情報