グラス・ハーモニカ(英語表記)glass-harmonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラス・ハーモニカ
glass-harmonica

体鳴楽器の一種。ガラス製の大きさの異なる円盤を配列し,水で濡らして回転させ,それを指で押えて奏する楽器。 1760年頃イギリスで B.フランクリン発明

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラス・ハーモニカ
ぐらすはーもにか
glass harmonica英語
Glasharmonikaドイツ語
harmonica de Franklinフランス語
armonicaイタリア語

擦奏体鳴楽器。水を入れた薄いガラス製のコップの縁を湿った指でこすると、水の量によってさまざまな音高が出る。この原理を応用して、アメリカのベンジャミン・フランクリンが1761年に考案した楽器で、当時はアルモニカとよばれた。椀(わん)状のガラスを横にして大きさの順に並べ、下方を水に浸しておき、中心に軸を通してペダルで回転させることで、指で触れるだけで音を出せる。モーツァルトなどがこの楽器のために作曲している。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android