グランジ(読み)ぐらんじ(英語表記)grunge

翻訳|grunge

日本大百科全書(ニッポニカ)「グランジ」の解説

グランジ
ぐらんじ
grunge

グランジー(grungy。汚い、みすぼらしいの)が転じて、1990年代初頭の、パンクとハード・ロックを混合したロック・ミュージックの一様式を指すジャンル名となったもの。80年代アメリカのアンダーグラウンド・ロック・シーンは、「ファンジン」(fanzine。主にポップ系歌手を対象とするファン雑誌)やカレッジ・ラジオのネットワークによって活性化するが、ソニック・ユースダイナソーJr.、ビッグ・ブラックといったアンダーグラウンド・シーンの人気グループは、ハードコア・パンクを基盤にさまざまな音楽要素を取り込み、ノイジーなギター・サウンドで演奏するスタイルをもっていた。これらのグループはSSTブラスト・ファーストといったインディーからレコードをリリースしていたが、80年代末になるとメジャー・レーベルがこれらのアンダーグラウンド・ロックのグループと契約を結ぶ動きが活発になる。

 同種のインディー・レーベルにシアトルにあったサブ・ポップがあった。サブ・ポップはソニックユースらと交流のあったシアトルのグループのレコードをリリースしていたが、ニルバーナ、パール・ジャム、サウンドガーデンなどのサブ・ポップ所属のグループも同様に90年前後にメジャー・デビューしはじめる。彼らのサウンドはブラック・サバスやレッド・ツェッペリンなど70年代のハード・ロックの様式を、ハードコア・パンクのサウンドと混ぜ合わせたものであった。

 91年、ニルバーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が全米で大ヒットしたことをきっかけに、サブ・ポップ出身のグループは軒並み爆発的な人気を獲得する。グランジというジャンル名は、彼らの先輩にあたるシアトルのパンク・グループ、メルビンズのサウンドを形容するために最初に用いられたものだったが、これら90年代初頭にシアトルを中心に出現した、ラウドなギターを看板にしたグループを指す総称として定着する。

 グランジを含む、80年代のアンダーグラウンド・シーン出身のグループやその流れにある音楽は、やがてオルタナティブ・ロックと呼ばれるようになる。グランジ/オルタナティブは80年代のヘビー・メタルと入れ替わるようにして人気のジャンルになったが、グランジのグループやファンはヘビー・メタルのスペクタクル性や様式性、名人芸的な演奏やけばけばしいファッションを好まず、日常の延長線上でステージに立ち、パンク由来の破れたシャツやぼろぼろのジーンズを愛好し、シニシズムや絶望を表現した。アメリカ史上初めて「親の世代よりも将来悪化する生活を送る世代」とされたオルタナティブ世代は、ジェネレーションX と呼ばれ、90年代のアメリカの若者文化を主導した。

[増田 聡]

『マイケル・アゼラッド著、竹林正子訳『病んだ魂――ニルヴァーナ・ヒストリー』(1994・ロッキング・オン)』『デイヴ・トンプソン著、小山景子訳『ニルヴァーナ、ネヴァー・フェイド・アウェイ――カート・コバーン・ストーリー』(1995・水声社)』『『ギター・ワールド』監修、川腰和歌子訳『ニルヴァーナとグランジ革命』(2002・シンコーミュージック)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「グランジ」の解説

グランジ(grunge)

[形動]うす汚い、粗末な、の意。特に、グランジロックミュージシャンにならった、わざとぼろぼろにしたり落ちさせた重ね着などを特徴とする、うす汚い感じのするファッションについていう。「グランジスカーフ
[名]グランジロック」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android