コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラントガゼル Grant’s gazelle

2件 の用語解説(グラントガゼルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グラントガゼル【Grant’s gazelle】

偶蹄目ウシ科の哺乳類イラスト)。東アフリカサバンナにすむ中型のアンテロープ。雌雄とも体の割りに大きな角をもち,体色は淡黄褐色で,臀部(でんぶ)によく目だつ白色の斑紋がある。体長1~1.2m,尾長12~14cm。角は雄でふつう長さ55cm,とくに大きなものでは80cm近いものもある。雌の角は細く短い。見通しのよい低木の混じる乾燥した草原に,ふつう数十頭,乾季には200頭から400頭以上になる群れで生活する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラントガゼル
ぐらんとがぜる
Grant's gazelle
[学]Gazella granti

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。肩高80~100センチメートル、角長30~80センチメートル。東アフリカのやぶの多い乾燥した平原に、普通6~30頭の小群で生活し、草や木の葉を食べる。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグラントガゼルの言及

【ガゼル】より

…乳頭は1対。 スーダン,エチオピア,ソマリアに分布するゼンメリングガゼルGazella soemmeringi(肩高85~92cm)(イラスト),エチオピアからタンザニアまで分布するグラントガゼルG.granti(肩高80~95cm)(イラスト),サハラ南西部のダマガゼルG.dama(肩高90~120cm),スーダンからタンザニアにかけて分布するトムソンガゼルG.thomsoni(肩高55~65cm)(イラスト),サハラからインド中部まで分布するドルカスガゼルG.dorcas(肩高55~65cm),サウジアラビアとイスラエルに分布するマウンテンガゼル(ヤマガゼル)G.gazella(肩高60~80cm)(イラスト),サウジアラビアからパキスタンおよびモンゴルに分布するコウジョウセンガゼルG.subgutturosa(肩高60~80cm),チベットの3900~5400mの高地にすみ,冬毛が長く羊毛状のチベットガゼルProcapra picticaudata(肩高60~66cm)など,2属約17種がある。これらのうちコウジョウセンガゼルの雌にはふつう角がなく,雄は交尾期になるとのどの一部が膨らんで甲状腺がはれたように見える。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…多くは砂色で,アフリカとアジアに分布する。インド産で雄の体が黒いブラックバックAntilope cervicapra,警戒,逃走,遊びのときに高く跳びはねる習性をもつスプリングボックAntidorcas marsupialis,中央アジア産で時速96kmで走れるモウコガゼルProcapra gutturosa,多くの肉食獣にねらわれるグラントガゼルGazella granti,非常に警戒心が強く,やぶの中で生活するディバタグAmmodorcas clarkei,あごが長く,しばしば後肢で立ち上がって高いところの葉を食べるジェレヌクLitocranius walleriなど6属18種がある。(7)ダイカー亜科Cephalophinae きわめて小型で,角はふつう雌雄にあるが耳よりも短く,頭頂の冠毛でほとんど隠れている。…

※「グラントガゼル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラントガゼルの関連キーワードエランド偶蹄類ダイカートピヌーイランド水牛羚羊ハーテビースト山羊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone