グランドバハマ島(読み)グランドバハマとう(英語表記)Grand Bahama Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グランドバハマ島
グランドバハマとう
Grand Bahama Island

西インド諸島北部,バハマ最北部の島。東西に細長い島で,フロリダ半島東岸の沖合い約 100kmに位置する。マツ林が茂り,林業従事者が多い。 1955年政府は西部南岸に自由港フリーポートを建設し,免税地域を設定して工場や会社を誘致した結果,人口が増加したが,69年免税地域の拡大抑止政策をとったので,以後観光業の比重が大きくなってきている。フリーポートのほか,ウェストエンド,エイトマイルロック,ピンダーズポイントなどの観光・保養地がある。漁業も盛ん。面積 1373km2。人口4万 1035 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グランドバハマ‐とう〔‐タウ〕【グランドバハマ島】

Grand Bahama》西インド諸島北部、バハマ諸島北端に位置する島。バハマ領。中心地はフリーポートと、その近郊のルカヤを含む地域。観光・保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グランドバハマ島の関連情報