コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラープマン Grabmann, Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラープマン
Grabmann, Martin

[生]1875. ウィンターツォフェン
[没]1949. アイヒシュテット
ドイツのカトリック神学者,司祭,中世哲学史家。アイヒシュテットで神学,哲学教授 (1906) ,ウィーン大学キリスト教哲学教授 (13) ,ミュンヘン大学教義学教授 (18) を歴任。現代の中世哲学研究,特に K.ボイムカーとともに中世の未公刊手稿の解読印刷において画期的役割を果し,ミュンヘンのグラープマン研究所の基礎を築く。著書には『スコラ学的方法の歴史』 Die Geschichte der scholastischen Methode (09~11) ,『聖トマス・アクィナス』 Der heilige Thomas von Aquin (12) ,"Mittelalterliches Geistesleben" (26) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グラープマン

ドイツのカトリック神学者,哲学者。ミュンヘン大学教授。中世哲学史家として著名で,特にトマス・アクイナス研究には指導的役割を果たした。著書《スコラ学的方法の歴史》(1909年,1911年),《トマス・アクイナス》(1912年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラープマン【Martin Grabmann】

1875‐1949
ドイツの神学者,中世哲学史家。アイヒシュテットで哲学,神学を学び司祭となって後,ローマでトマス・アクイナスを中心に中世神学を研究。アイヒシュテット,ウィーン,ミュンヘン大学の神学教授を歴任,同時にヨーロッパ各地の図書館で多数の中世哲学関係写本を発見・紹介し,源泉資料による中世哲学研究を推進した。1954年ミュンヘン大学における彼の後継者M.シュマウスによってグラープマン研究所が創設された。【稲垣 良典】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラープマン
ぐらーぷまん
Martin Grabmann
(1875―1949)

ドイツのカトリック神学者、中世思想史研究家。ドイツのアイヒシュテット近傍に生まれる。アイヒシュテット、ウィーン両大学教授を経て、ミュンヘン大学教授。中世精神史研究、ことに、その写本による開拓的業績の意義は大きい。中世の神学・哲学の源泉、方法、特性について数多くの著作がある。主著『スコラ的方法の歴史』2巻(1909~1911)、『トマス・アクィナス』(1912)、『中世精神史研究』3巻(1926~1956)[加藤信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グラープマンの関連キーワード新スコラ哲学1月5日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android