グリコサミノグリカン(英語表記)glycosaminoglycan

化学辞典 第2版の解説

グリコサミノグリカン
グリコサミノグリカン
glycosaminoglycan

ムコ多糖ともいう.アミノ糖を含む一群の酸性多糖の化学的系統名.遊離状態あるいはタンパク質と結合して,結合組織や粘液に存在する.構造上はアミノ糖(グルコサミン,ガラクトサミン)とウロン酸(グルクロン酸,イズロン酸),あるいはガラクトースからなる二糖の繰り返し長鎖構造をもち,硫酸化されている場合が多い.代表的なものに,ヒアルロン酸コンドロイチン硫酸デルマタン硫酸ヘパラン硫酸ヘパリンケラタン硫酸などがある.ヒアルロン酸以外は,タンパク質に共有結合したプロテオグリカンとして生合成され,脊椎動物軟骨をはじめとする結合組織に広く分布するが,植物界には見いだされていない.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報