コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルクマ Rastrelliger kanagurta

世界大百科事典 第2版の解説

グルクマ【Rastrelliger kanagurta】

スズキ目サバ科の海産魚。グルクマはもともと沖縄地方の呼称で,和名としては一時アキフラキアが提唱されたが,現在はグルクマが一般的である。本種はサバにきわめて近縁であるが,体の側扁度が強く,また羽状の長い鰓耙(さいは)があるので区別できる。南日本から台湾,東南アジアインド洋に広く分布する。全長40cmになる。沖縄では春と秋の2回沿岸を回遊するが,朝と夕方に垂直方向の回遊を行っている形跡もある。産卵前の成魚では体側に2~3条の黄色の縞が見られるが,産卵を終えると消失するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルクマ
ぐるくま
pigmy mackerel
[学]Rastrelliger kanagurta

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。南日本からインド洋にかけて分布する沿岸性の魚で、とくにインド洋の沿岸域においてはもっとも重要な食用魚である。サバ属に近縁であるが、体高が大きく体が側扁(そくへん)していること、鋤骨(じょこつ)(頭蓋(とうがい)床の最前端にある骨)と口蓋骨に歯がないこと、鰓耙(さいは)(えらの咽頭(いんとう)側の面に列生する突起)が羽毛状で長いこと、などで区別される。これらの形態的特徴は明らかにプランクトン食に適応したもので、本種の餌(えさ)はさまざまのプランクトンによって構成される。大きさは20~25センチメートルで、寿命は1年程度のようである。おもに集魚灯を併用した巻網で魚獲され、鮮魚または塩蔵品として消費される。グルクマ属3種のうち本種とR. faughniが日本近海に分布している。[沖山宗雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグルクマの言及

【サバ(鯖)】より

…スズキ目サバ科サバ亜科に属する海産魚の総称。日本近海にはマサバScomber japonicus(イラスト),ゴマサバS.australasicus(イラスト),およびグルクマRastrelliger kanagurtaの3種が分布する。このうち,グルクマは熱帯系で沖縄以南に分布し,漁獲量も少ないため,ふつうサバといえばマサバとゴマサバを指す。…

【サバ(鯖)】より

…スズキ目サバ科サバ亜科に属する海産魚の総称。日本近海にはマサバScomber japonicus(イラスト),ゴマサバS.australasicus(イラスト),およびグルクマRastrelliger kanagurtaの3種が分布する。このうち,グルクマは熱帯系で沖縄以南に分布し,漁獲量も少ないため,ふつうサバといえばマサバとゴマサバを指す。…

※「グルクマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グルクマの関連キーワードプランクトングルクマーサバ(鯖)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルクマの関連情報