コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グループテクノロジー ぐるーぷてくのろじー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グループテクノロジー

多品種・小ロット生産を効率的に行なうために生み出された生産方法。ニーズの多様化に対応するため、生産手段はより高度化、複雑化している。しかし、それに比例して、多品種を生産する場合、同様の製品を一括加工するケースに比べ生産効率は落ちてしまう。その問題を解決する生産手段がグループテクノロジー。生産に関わる資材、部品、設計、工具など多岐にわたる生産情報を分類、加工方法や対象の形状を数値化することで、多品種生産にも迅速に対応、生産ロスや設備コストの抑制を実現する。反復製品や類似製品を生産する場合は、過去の生産情報を通じて効率的な生産が可能となる。生産現場の情報ネットワーク化によって実現した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のグループテクノロジーの言及

【工程管理】より

…製品の種類が相違しても,構成品や部品には共通性のあるものがあり,それらは一まとめにして加工するほうが有利である。このような問題を処理する手法としてグループテクノロジーgroup technologyやMRP(material requirements planningの略)などがある。多種少量生産においては,加工工程経路,受注量,受注日,納期を異にした多種多様の製品が構成品や部品に展開されて,さまざまの加工設備を通っていく。…

※「グループテクノロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone