コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グループ・テクノロジー group technology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グループ・テクノロジー
group technology

類型加工法,類似部品加工法グループ加工法などと訳される。機械工業などにおいて多種少量生産を行う場合に,形状,寸法あるいは加工法などが似ている類似工作物を集めてグループ分けし,それぞれのグループごとに適切な工作機械群と治工具を使用して加工を行うこと。第2次世界大戦後まもなくソ連で考案され,その効果が認められて以来西ドイツを中心にヨーロッパやアメリカへ広まった。日本では 1966年頃から取上げられはじめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グループ・テクノロジー
ぐるーぷてくのろじー
group technology

多品種少量生産の効率をあげるための技法。市場需要の多様化は、多品種少量生産を不可避にし、近年その傾向が強まっているが、この生産方式は、少品種多量生産に比べて効率低下を免れない。しかし、外見的に多様な製品でも、共通した加工方法を用いることが可能な類似点をもち、あるいはもたせることができる。この点に注目し、共通加工方法によりグループをつくり、ロット生産(あるまとまった量=ロットを交互に生産する)の利点を多品種少量生産に持ち込もうとする技法である。そのためには、まず製品設計段階で共通加工方法が使用できるような配慮が必要となる。また、各加工グループに対応する設備、機械、治具、工具についても共通性を高め、交互生産のための段取り(準備)に要する時間・労力の節約と運搬等の間接作業の合理化を図り、コストの低減と生産性向上の追求が要求される。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グループ・テクノロジーの関連キーワードアーリー・アドプターグループテクノロジー多品種少量生産類型加工法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グループ・テクノロジーの関連情報