グレトゥイゼン(英語表記)Groethuysen, Bernhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレトゥイゼン
Groethuysen, Bernhard

[生]1880.1.9. ベルリン
[没]1946.9.17.
ドイツの哲学者。 1931~33年ベルリン大学教授。のち大半をパリで過した。 W.ディルタイの弟子で,了解心理学,精神史の方法を歴史学,人類学,社会学の領域に適用した。主著"Entstehung der bürgerlichen Welt und Lebensanschauung in Frankreich" (2巻,1927~30) ,"Philosophische Anthropologie" (31) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android