グレトリー(英語表記)Grétry, André-Ernest-Modeste

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレトリー
Grétry, André-Ernest-Modeste

[生]1741.2.11. リエージュ
[没]1813.9.24. パリ近郊モンモランシー
ベルギーの作曲家。 1759年よりローマ留学,その後オペラの作曲家としての道を歩む。ローマで 65年初めてインテルメッゾ『ぶどう収穫人』を発表。 67年よりパリに移住。そこで彼のオペラは爆発的人気を呼び,その後数多くの作品を書き,オペラ・コミックの新しい時期を画した。おもな作品は,『もの言う絵』 (1769) ,『ゼミールとアゾール』 (71) ,『獅子心王リチャード』 (84) 。 1790年代に入ってからはオペラの作曲をやめ,文学・哲学方面の著作に没頭した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレトリー【André‐Ernest‐Modeste Grétry】

1741‐1813
ベルギー生れのフランスの作曲家。1761‐66年ローマに留学,ペルゴレージに心酔し,オペラの作曲を志す。68年からパリに定住し,オペラ・コミックの作曲家として活躍した。代表作《獅子心王リシャールRichard Cœur de Lion》(1784)は,〈救出オペラrescue opera〉(フランス革命前後に民衆から愛好された)の先駆けとなった。彼はディドログリムと親交があり,彼ら百科全書派の主張を舞台の上で具現してみせたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレトリー
ぐれとりー
Andr Ernest Modeste Grtry
(1741―1813)

ベルギー出身でおもにフランスで活躍した作曲家。リエージュに生まれる。1760年からローマでカザーリに作曲を師事、ローマ滞在中にインテルメッツォ『ぶどう摘み女』(1765)を発表。ジュネーブを経て68年からはパリに住み、オペラ・コミック作曲家としての地位を確立した。彼は作曲技法上の革新よりも、簡明な構成、親しみやすい旋律に主眼を置き人気を博した。歌劇作品は60曲を超えるが、現在はほとんど上演されない。彼は多くの著作を残し、そのなかには音楽評論、回想などのほか、音楽の枠を超えた鋭い時評も含まれている。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android