グレーボー(英語表記)Grabau, Amadeus William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーボー
Grabau, Amadeus William

[生]1870.1.9. ウィスコンシン,シダーバー
[没]1946.3.20. 北京
アメリカの古生物学者,地質学者。マサチューセッツ工科大学,ハーバード大学に学んだのち,マサチューセッツ工科大学,レンセラー工科大学に勤めた。コロンビア大学教授 (1901) を経て,北京大学古生物学教授 (19) ,および中国地質調査局古生物学部主任。中国の古生代の地層,古生物を研究し,脈動説を提唱。著書『地向斜の移動』 Migration of Geosynclines (24) ,『脈動説』 Rhythm of the Ages (40) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーボー
ぐれーぼー
Amadeus William Grabau
(1870―1946)

アメリカの地質学者。マサチューセッツ工科大学の教員からコロンビア大学の教授を経て、50歳のとき(1919)に中国にわたり、以後、北京(ペキン)国立大学教授および中国地質調査所の主任古生物学者として、中国における地質学、古生物学の指導者、研究者として活躍し、北京で死亡。世界各地の中生界、古生界の研究から、海進・海退が世界的に同時におこっていると考え、それをもとに地球が長い周期で脈動を繰り返し海面が変動しているとする脈動説を唱えた。多くの研究論文、著書があるが、なかでも『北米の示準化石』(1909~1910)、『層序学の原理』(1913)、『中国の層序』(1924~1925)などの大著は、その後の地質学の発展に大きな影響を与えた。[鎮西清高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

グレーボー

生年月日:1870年1月9日
アメリカの地質学者
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android