脈動(読み)ミャクドウ

デジタル大辞泉の解説

みゃく‐どう【脈動】

[名](スル)
脈が打つこと。
表面には現れないが、脈が打つように絶えず力強く動いていること。また、その動き。「脈動する新時代のメディア産業」
地震以外の原因による、地殻の微弱な周期的震動。周期2~8秒のものが多く、海の波浪低気圧寒冷前線の通過などに伴って観測される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

脈動【みゃくどう】

物体が不規則な力の作用を受けて起こす微弱な振動。主として地殻における地震とは別の微弱な振動をさし,そのうちでも交通など人為的原因によるものを除いていう。周期は2〜8秒のものが圧倒的に多く,振幅は数μm程度で,地震計で観測される。原因についてはまだ定説はないが,波浪が定常波を起こすため海底で発生するものが多いらしく,沖合を通過する低気圧や前線などとも関係が深いとされている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みゃくどう【脈動】

古くは脈拍の動き(動)のみをいったが,その後,拍のように周期的な動きに対して広く使われるようになった。科学・工学分野では以下のような意味をもつ。(1)天文学では,星の収縮・膨張を脈動pulsationといい,脈動に伴い明るさの変わる星を脈動変光星(脈動星)と呼ぶ。(2)電気工学では,直流に交流成分が重なっているとき脈動しているといい,このような電流を脈流ripple currentと呼ぶ。(3)地震学でいう脈動microseismsとは,地面の常時微動のうち,周期がほぼ一定の比較的単純な波形の振動が,振幅の消長を繰り返しながら長時間続くものをいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みゃくどう【脈動】

( 名 ) スル
脈拍のような、周期的・律動的な動き。また、そのように動くこと。 「若い血潮が-する」
地震以外の自然的原因で、地面が数秒の周期で振動する現象。高倍率の地震計に記録される微動で、低気圧・寒冷前線・台風などの接近・通過に伴って観測される。
恒星の大きさが収縮・膨張を繰り返すこと。また、恒星表面が凹凸に振動すること。 「 -変光星」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脈動
みゃくどう

地表の周期的な微振動。高感度の地震計で観測すると、地面はいつも揺れている。これは雑微動といわれる現象である。このなかには、交通機関や工場などの人工的な振動もあり、雨や風などの自然の現象もある。なかでも、長時間にわたって、周期2秒から8秒くらいで特別に波形がそろった振動が観測されることが多く、これは脈動といわれている。脈動は海の波の影響で海底でつくられて陸上まで伝わってくる振動で、感度が高い地震計で観測すると、内陸100キロメートル以上にまで伝わって観測される。つまり日本の陸上のどの地震観測点でも観測される。海が荒れたときには振幅は大きくなる。[島村英紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脈動の関連情報