コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースマン

百科事典マイペディアの解説

グロースマン

ソ連邦の作家。ウクライナ生れ。中編《グリュカウフ》(1934年),長編《ステパン・コリチューギン》(1937年−1940年),中編《人民は不死》(1942年),未完の長編《正義の事業のために》(1952年)などの作品がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロースマン【Vasilii Semyonovich Grossman】

1905‐64
ソ連邦の作家。ウクライナの生れ。モスクワ大学を卒業後,ドンバスで化学技師として働く。この体験により処女作の中編《グリュカウフ》(1934)を書き,ゴーリキーに認められる。最初の長編《ステパン・コリチューギン》(1937‐40)は,炭坑村に育った若い労働者がしだいに革命運動に加わるようになってゆく過程を描いた作品で,当時は注目を集めたが,個人崇拝と粛清のただなかに書かれた小説だけに,きわめて公式的で芸術性に乏しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グロースマンの関連キーワード佐久間 哲也プラン問題市場論争

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android