コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースマン

2件 の用語解説(グロースマンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グロースマン

ソ連邦の作家。ウクライナ生れ。中編《グリュカウフ》(1934年),長編《ステパン・コリチューギン》(1937年−1940年),中編《人民は不死》(1942年),未完の長編《正義の事業のために》(1952年)などの作品がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グロースマン【Vasilii Semyonovich Grossman】

1905‐64
ソ連邦の作家。ウクライナの生れ。モスクワ大学を卒業後,ドンバスで化学技師として働く。この体験により処女作の中編《グリュカウフ》(1934)を書き,ゴーリキーに認められる。最初の長編《ステパン・コリチューギン》(1937‐40)は,炭坑村に育った若い労働者がしだいに革命運動に加わるようになってゆく過程を描いた作品で,当時は注目を集めたが,個人崇拝と粛清のただなかに書かれた小説だけに,きわめて公式的で芸術性に乏しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グロースマンの関連キーワードキエフコルネイチュクシェフチェンコソ連ホロビッツウクライナ政変烏克蘭ソ連邦ウクライナ岩ウクライナの議会選挙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone