コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個人崇拝 こじんすうはい

3件 の用語解説(個人崇拝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個人崇拝
こじんすうはい

かつて独裁者スターリンに対する崇拝は極端化し,彼自身とその著作はソ連国内のみならず,世界の共産主義者によって神格化されていた。このことがスターリンの死後ソ連内で反省され,個人崇拝として非難されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こじんすうはい【個人崇拝】

指導者に対する大衆の盲目的支持がこうじ,あるいはそのような状況を利用して指導者が自己に対する服従を強制する結果,宗教運動に類似した指導者への献身的な崇拝が生じること。一般的に革命を経験した体制において生じやすく,スターリン体制でのソ連や,晩年の毛沢東下での中国のように,共産主義運動が権力を握った後の国家で顕著に現れた。第三世界カリスマ的指導者や民族主義運動のリーダーにも,英雄崇拝のような形でみられ,擬似革命的な象徴形式を利用するファシズムでも,〈指導者原理〉として知られる指導者崇拝が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

個人崇拝
こじんすうはい

一般に政治指導者に対する崇拝は民主主義の遅れた諸国にみられるが、個人崇拝という政治用語は、社会主義諸国で政治指導者を英雄視する風潮をさして用いられた。1956年のソ連共産党第20回大会で、フルシチョフがスターリンを批判する際に用いて以来、広く使われるようになった。フルシチョフのスターリン批判は、スターリン統治下の党と国家の癒着、党内民主主義や官僚制の問題などには向けられず、もっぱらスターリン個人にまつわる神話の破壊と粗暴な人格の暴露にあてられ、大粛清の原因も、党と国家内での個人崇拝の蔓延(まんえん)に求められた。スターリン個人崇拝の風潮はスターリン50歳の誕生日(1929)以来公的に広められたが、その萌芽(ほうが)はすでにレーニン葬儀の際のスターリンの態度に現れていた。政治指導者への個人崇拝は、ソ連に限らず、コミンテルンを通じて国際共産主義運動と戦後の社会主義諸国にも現れた。中国での毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)、フランス共産党におけるトレーズ、北朝鮮の金日成(きんにっせい/キムイルソン)などについても当てはまり、ソ連共産党でのブレジネフ時代の個人崇拝はスターリンをしのぐものであった。[加藤哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

個人崇拝の関連情報