コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローリア グローリア Gloria

翻訳|Gloria

5件 の用語解説(グローリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローリア
グローリア
Gloria

(1) "Gloria in excelsis Deo" (天においては神に栄えあれ) の最初の語で,「栄光」の意。ミサ通常文の第2におかれる栄光の賛歌で大栄頌といわれる。 (2) "Gloria Patri et Filio et Spiritu Sancto" (願わくは,父〈ちち〉と子〈こ〉と聖霊とに栄えあらんことを) で始る小栄頌の最初の語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グローリア(〈ラテン〉gloria)

グロリア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

グローリア

北アイルランドのロックバンド、ゼムの曲。1964年発表のシングル「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」のB面。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第211位。原題《Gloria》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グローリア【gloria】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

グローリア
Gloria


国籍
アルゼンチン

専門
タンゴ舞踊家;振付師

肩書
グローリア・アンド・エドゥアルド・タンゴ舞踊団

本名
グローリア バウラ

生年月日
1946

出生地
アルゼンチン ブエノスアイレス

経歴
6歳の時からパートナーのエドゥアルドと踊り、1961年14歳の時に2人でブエノスアイレスのタンゴシーンデビュー。巨匠フランシスコ・カナロに認められ、同年カナロ楽団の一員として初来日、鮮烈な踊りを披露し絶賛される。のちエドゥアルドと結婚。’85年「タンゴ〜ガルデルの亡命」に出演し、ピアソラと共演、’86年ショー「タンゴ・アルゼンチーノ」に参加、世界的タンゴブーム火付け役となる。’90年「フォーエバータンゴ」の振付けを担当。’92年グローリア&エドゥアルド・タンゴ舞踊団を結成。同年、’94年、2004年公演で来日。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グローリアの関連キーワードグロリアINin.MEGMILK ゼリーinピーチin vitro突然変異誘発B―1グランプリin姫路Commander-in-Chief of India《Discours sur l'origine de l'inégalité parmi les hommes》mother-in-law plantIn-in

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グローリアの関連情報