コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンドゥリッチ グンドゥリッチGundulić, Ivan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グンドゥリッチ
Gundulić, Ivan

[生]1589.1.8. ドゥブロブニク
[没]1638.12.8. ドゥブロブニク
クロアチアの詩人。アドリア海の港ドゥブロブニクに栄えた中世文学の劇詩人で,イタリアのルネサンス文学の影響下に開花した地方文学のドゥブロブニク文学の代表者。 L.アリオストや T.タッソの作品の翻訳も多いが,大部分は紛失して題名が残るのみである。聖書に取材した教訓詩『放蕩息子の涙』 Suze sina razmetnoga (1622) ,牧歌劇『ドゥブラフカ』 Dubravka (28初演) などにはバロックの影響が認められる。代表作は,ヨーロッパの征服を企図しながらポーランド軍に敗れたオスマン帝国皇帝を主人公とした未完の叙事詩『オスマン』 Osman。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グンドゥリッチ【Ivan Gundulić】

1589‐1638
ユーゴスラビアの詩人。ダルマツィア海岸の美しい城砦都市ドゥブロブニクの出身で,終生そこで過ごした。貴族として元老院議員や裁判官をつとめる一方,ルネサンス精神にあふれた詩を次々と発表。古典的神話を主題にしたり,反宗教改革的な宗教詩を創作したあと,愛国的な田園詩《ドゥブラブカ》(1628),ホチム(ホーチン)戦役でトルコ軍に大勝したポーランド人をたたえた叙事詩の傑作《オスマン》(未完)を書く。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グンドゥリッチ【Ivan Gundulić】

1589~1638) クロアチアの詩人。ドゥブロブニクに住んだ。バロック期のクロアチア文学を代表する存在。牧歌劇「ドゥブラフカ」、未完の叙事詩「オスマン」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グンドゥリッチ
ぐんどぅりっち
Ivan Gunduli
(1589―1638)

クロアチア、ダルマチアの詩人。バロック・スタイルのドゥブロブニク文学の代表者。ホチムの戦い(1621)とオスマン2世の死を描き、オスマン帝国の崩壊と南スラブ民族の解放を予見した大叙事詩『オスマン』(1626)は未完ながら傑作の誉れが高い。自由の賛歌と評される牧歌劇『ドゥブロフカ』(1628)、深い内面性をもつ宗教詩『放蕩(ほうとう)息子の涙』(1622)も名作。[栗原成郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グンドゥリッチの関連キーワードユーゴスラビア文学マジュラニッチグンドリッチクロアチア東欧演劇1月8日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android