コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーデリアン グーデリアン Guderian, Heinz (Wilhelm)

2件 の用語解説(グーデリアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グーデリアン
グーデリアン
Guderian, Heinz (Wilhelm)

[生]1888.6.17. クルム
[没]1954.5.14. シュバンガウ
ドイツの陸軍軍人,元帥。第1次世界大戦後,戦車部隊の拡充を唱え,機甲部隊を中心とする電撃戦を編出すのに大きな功績があった。 1938年ヒトラーにより,機甲部隊司令官に任命され,ポーランドフランス,ソ連進攻に活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グーデリアン
ぐーでりあん
Heinz Guderian
(1888―1954)

ドイツの軍人。第一次世界大戦に通信将校として従軍。戦後、近代戦における戦車の役割を重視、機甲軍の編制に奔走した。第二次世界大戦でポーランド、フランスなどの攻撃に際し、「電撃戦」の異名をとった機動性に富む戦車戦の司令官として名をあげた。独ソ戦ではモスクワの即時攻略を主張してヒトラーと対立、1941年12月戦車軍司令官を解任された。1944年7月陸軍参謀総長に再登用されたが、敗戦直前にふたたびヒトラーと対立、解任された。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グーデリアンの関連キーワードウィルヘルムクルムホルン引っ括むクルムバッハクイクルムくるみ餅デルムンドNアセチルムラミン酸クルムジェクルムラウプ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone