コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイマン諸島 ケイマンショトウ

3件 の用語解説(ケイマン諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケイマン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ケイマン諸島】

Cayman》カリブ海北西部キューバ沖にある諸島。英国の王領植民地スペイン領だったが1670年より英領。タックスヘイブンとして多くの海外金融機関が名義のみの関連会社を置く。人口5万(2010)。カイマン諸島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ケイマンしょとう【ケイマン諸島】

〔Cayman〕 キューバ島の南方に位置する三島から成る島群。イギリス領。カイマーン諸島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイマン諸島
けいまんしょとう
Cayman Islands

西インド諸島西部、ジャマイカの北西290キロメートルのカリブ海上にあるイギリス領の諸島。グランドケイマンリトル・ケイマン、ケイマン・ブラックの3島からなる。面積259平方キロメートル、人口1万6677(1979)。1503年コロンブスが発見、1670年ジャマイカとともにイギリス領となったが、1962年のジャマイカの独立によって単独の植民地となった。黒人、白人が各20%、混血が60%を占める。産業の中心は観光で年間10万人の観光客が訪れる。ウミガメの養殖が盛んで日本へもべっこうを輸出する。バハマ同様タックス・ヘイブン税金避難地)として知られ、外国法人登録数は1万社を超え、国際的金融取引中心地として注目されている。また、77年グランド・ケイマン島に完成した近代港湾は、貿易中継地として発展が期待されている。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイマン諸島の関連キーワードカリブ海カリブーカリビアンカリブ亜区CBI牙買加カリブ海の秘密キューバ・リブレ無法のカリブ海カリブ海流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケイマン諸島の関連情報