コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケステン ケステン Kesten, Hermann

2件 の用語解説(ケステンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケステン
ケステン
Kesten, Hermann

[生]1900.1.28. ニュルンベルク
[没]1996.5.4. バーゼル
ドイツの小説家,劇作家,詩人。 1940年にアムステルダムを経てアメリカに亡命,のち市民権を取得。ドイツ・ペンクラブ会員であり,72年から 76年までは会長をつとめた。皮肉と風刺とユーモアに富む作品で知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケステン
けすてん
Hermann Kesten
(1900―1996)

ドイツの小説家。ペシミスティックのらくら者主人公にした小説『ヨーゼフは自由を求めている』(1928。クライスト賞受賞)、『放埒(ほうらつ)な人間』(1929)で新即物主義(ノイエ・ザハリヒカイト)の旗手として登場。『幸福な人たち』(1931)、『香具師(やし)』(1932)、『異国の神々』(1949)などは、懐疑的な時代批判、洗練されたエロティシズムとユーモアによって国際的な読者をつかんだ。そのほか、『ゲルニカの子供たち』(1939)やスペインの歴史を題材にした『フェルディナントとイサベラ』(1936)などの長編三部作、そして現代ドイツ作家論『わが友詩人たち』(1953)、小説『60歳の男』(1972)、劇作、エッセイ、翻訳など多数の著作がある。1933年から亡命生活、40年にアメリカの市民権を得た。1974年ビューヒナー賞受賞。[前田敬作]
『小松太郎訳『ヨゼフの誕生日』(1951・六興出版社) ▽飯塚信雄訳『現代ドイツ作家論 わが友詩人たち』(1959・理想社) ▽鈴木武樹訳『ゲルニカの子供たち』(1963・白水社) ▽小松太郎訳『性にめざめる頃――ヨーゼフは自由を求めている』(角川文庫) ▽小松太郎訳『異国の神々』(角川文庫) ▽小松太郎訳『カザノーヴァ』(角川文庫) ▽M・ライヒ=ラニッキー編、鈴木武樹ほか訳『狂信(ナチス)の時代・ドイツ作品群第3 創られた真実:1945~1957年』(1969・学芸書林) ▽戸川敬一編訳『ペン 現代ドイツ作家集』(1974・エンデルレ書店) ▽谷口広治監訳『照らし出された戦後ドイツ――ゲオルク・ビューヒナー賞記念講演集』(2000・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケステンの関連キーワードニュルンベルクニュルンベルク諸原則ニュルンベルク法シュルントニューンベルクベルクシュルントニュルンベルクのクリスマスマーケットキュルンベルガーニュルンベルク綱領ニュルンベルク天文台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone