コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケニルワース ケニルワース Kenilworth

2件 の用語解説(ケニルワースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニルワース
ケニルワース
Kenilworth

イギリスイングランド中部,ウォリックシャー県中部,ウォリック地区の町。エーボン川の支流に臨み,県都ウォリックの北約 10kmに位置する。12世紀に創建された城があることで名高い。城は約 5mの厚さの壁をもつ「カエサルの塔」のほか,外壁や大広間の一部などを残すだけであるが,中世にはしばしば王城となり,ウォルター・スコットの小説『ケニルワース』(1821)はエリザベス1世時代の城を描写している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケニルワース【Kenilworth】

イギリス,イングランド中部,ウォリックシャー中部にある都市。人口1万9300(1981)。ミッドランド地方西部に位置し,周辺の園芸農業地帯の中心的な市場町であると同時に,皮革業なども行われる。有名なケニルワース城は12~13世紀に建設され,1266年にはシモン・ド・モンフォールの内乱を終結させるケニルワース裁定の発布,1327年にはエドワード2世の強制的退位など,歴史上の重要な舞台となった。またエリザベス1世時代を扱ったW.スコット歴史小説《ケニルワース》(1821)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケニルワースの関連キーワードイギリス東インド会社ウォリックコベントリーバーミンガムイギリス国教会ウォーリック城ウォリック城イギリス・バロック管弦楽団Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケニルワースの関連情報