コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケント王国 ケントおうこくKingdom of Kent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケント王国
ケントおうこく
Kingdom of Kent

イギリス,アングロ・サクソン時代の七王国の一つ。領域は現在のケント県とほぼ一致する。5世紀なかばにヘンギストとホルサに率いられたジュート人がこの地に渡来定着したと伝えられるが,王国の歴史が明白になるのは6世紀末のアゼルベルト王以後である。王は他の諸王国に覇を唱え,イギリスに初めてカトリックを導入,首都カンタベリーに教会を造り,またイギリス最古の法典を発布した。法典発布は7世紀後半フロスヘレ,エアドリック,ウィフトレドらの王によってもなされた。しかしアゼルベルト以後,国勢ふるわず,8世紀後半はマーシア王国に従属,9世紀初めウェセックス王国に征服されてその一州となり,イングランド統一王国に編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のケント王国の言及

【ケント】より

…イギリス,イングランド南東端にある州。中世のアングロ・サクソン七王国の一つ,ケント王国の支配領域を指す歴史的地方名でもあり,ケルト語で〈辺境〉を意味するcanto‐に由来する。シェピー島などの島嶼を含めて面積3732km2,人口155万(1995)で,州都はメードストン。…

※「ケント王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケント王国の関連キーワードアウグスティヌス(カンタベリー大司教)セント・オーガスティン修道院セント・マーティン聖堂グレゴリウス(1世)セント・ポール大聖堂カンタベリー大聖堂ケント(イギリス)セントポール寺院イギリス史レドワルドケント

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android