コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープ植物区保護地域群 ケープショクブツクホゴチイキグン

2件 の用語解説(ケープ植物区保護地域群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケープしょくぶつく‐ほごちいきぐん〔‐ホゴチヰキグン〕【ケープ植物区保護地域群】

Cape Floral Region Protected Areas》南アフリカ共和国南西部、ケープタウンを中心とする植物保護区。西ケープ州東ケープ州の沿岸部、ケープ半島テーブルマウンテン国立公園、セダーバーグ野生保護区、デホープ自然保護区、ブースマンスボス自然保護区、スワートバーグ山脈をはじめ、8か所の保護区からなる。フィンボスとよばれる灌木(かんぼく)地帯が大半を占める、ケープ区という植物区系に分類され、5000種以上の固有種を含む8000種もの植物がみられる。2004年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ケープしょくぶつくほごちいきぐん【ケープ植物区保護地域群】

2004年に登録された南アフリカ共和国の世界遺産(自然遺産)。ケープ植物区は、世界6大植物区の一つ。ほかに、全北、旧熱帯、新熱帯、オーストラリア、南極の植物区がある。この一帯は冬が温暖で雨の多い地中海性の気候で、「フィンボス」と呼ばれる灌木地帯がケープ植物区の約半分を占めている。そして、フィンボスにケープ植物区全体の植物の約80%が集中している。フィンボスには約5000種の固有種を含む8000種の植物が自生している。植物の多様性ではよく熱帯雨林が引き合いに出されるが、フィンボスの多様性はそれを上回る。◇英名はCape Floral Region Protected Areas

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケープ植物区保護地域群の関連キーワードブリンクガボローネ中央アフリカ共和国ナミビアアフリカーナー南ア南アフリカSWAPO南アフリカ連邦南アフリカワイン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone