コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲシュタルト療法 ゲシュタルトりょうほう

3件 の用語解説(ゲシュタルト療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲシュタルト療法
ゲシュタルトりょうほう

フリッツ・パールズによって始められた統合的・実存主義的な心理療法。心身がともにかかわる病気の多くは,知性と情動,心と体の解離やアンバランスが原因であり,また問題解決にあたっては自己の内部の力が十分に活用されていないと考える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゲシュタルト‐りょうほう〔‐レウハフ〕【ゲシュタルト療法】

《〈ドイツGestalttherapie神経症・心身症などの治療法の一つ。患者に対し、現状・現実をはっきりと認識させ、それらから逃避することなく創造的に適応するように導き、援助するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゲシュタルトりょうほう【ゲシュタルト療法】

アメリカの精神科医パールズ(F. S. Perls1893~1970)が創始した心理療法の一。「いま・ここ」で体験していることを重視し、感情や身体感覚の体験を通して自己に気づき、人格や統合性・全体性(ゲシュタルト)の回復を図る技法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲシュタルト療法の関連キーワードアングロアメリカあめりアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン亜米利加アメリカ草遠いアメリカアメリカ アメリカアメリカを斬る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲシュタルト療法の関連情報