ゲシュタルト療法(読み)ゲシュタルトりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ゲシュタルト療法」の解説

ゲシュタルト療法
ゲシュタルトりょうほう

フリッツ・パールズによって始められた統合的・実存主義的な心理療法。心身がともにかかわる病気の多くは,知性情動,心と体の解離やアンバランスが原因であり,また問題解決にあたっては自己の内部の力が十分に活用されていないと考える。ゲシュタルト療法では,自己覚欠如を重視し,気づきの練習などの体験を通し,心身のホメオスタシスの回復,人格の統合を目指すものである。実際には,たとえば部屋の中で特に気づいたものを言語化する過程において,心的葛藤 (かっとう) が投影されていたことを患者に気づかせることや,絵画工作で自己像を表現することなどが行なわれる。さらに,対立の明確化と統合を目的として,2つのいすを往来する技法に何が欠けているかを注目させる技法,言語表現と非言語行動のズレを修正する言動一致の技法などが行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ゲシュタルト療法」の解説

ゲシュタルト‐りょうほう〔‐レウハフ〕【ゲシュタルト療法】

《〈ドイツGestalttherapie》神経症・心身症などの治療法の一つ。患者に対し、現状・現実をはっきりと認識させ、それらから逃避することなく創造的に適応するように導き、援助するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例