コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲゼル ゲゼル Gesell, Arnold (Lucius)

9件 の用語解説(ゲゼルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲゼル
ゲゼル
Gesell, Arnold (Lucius)

[生]1880.6.21. ウィスコンシンアルマ
[没]1961.5.29. ニューヘーブン
アメリカ児童心理学者。エール大学教育学助教授,児童衛生学教授,児童発達研究所所長を歴任し,乳児より青年にわたる行動の発達に関する長期的 (追跡的な部分を含む) 研究を通じて,子供の成長の過程の法則と機序を明らかにしようと努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゲゼル
ゲゼル
Gesell, Silvio

[生]1862.3.17. セントビス
[没]1930.3.11. ブランデンブルク
ベルギー生れのドイツの商人,経済学者。 1887~1914年アルゼンチンブエノスアイレスに,その後はドイツやスイスに在住した。彼の研究主題は貨幣問題で,研究の契機はブエノスアイレス在住中に起った貨幣インフレーションといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゲゼル
ゲゼル
Gezer

古代パレスチナの都市。ラムラの近くに位置し,現イスラエルのテルゲゼル。人跡は新石器時代に始り,次に青銅器時代大都市の遺跡が残る。この遺跡は旧約聖書トゥトモス3世からメルネプタハにいたるエジプト新王国時代 (前 1567~1085頃) の記録に現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゲゼル(Arnold Lucius Gesell)

[1880~1961]米国の児童心理学者。幼児の行動を詳細に観察して発達過程を標準化し、発達診断テストを考案した。

ゲゼル(Silvio Gesell)

[1862~1930]ドイツの経済学者。他の財物と異なり、貨幣だけが時間を経ても減価しないことが利子を正当化し、その結果、資産家の富を増やし、貧しい者を苦しめるとして、自由貨幣の概念を提案した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゲゼル【Arnold Lucius Gesell】

1880‐1961
アメリカの児童心理学者。ウィスコンシン州生まれる。ウィスコンシン大学クラーク大学で教育学,心理学を学びPh.D.を得,後イェール大学で医学を学び医学博士(M.D.)の学位を得た。1915年イェール大学教授となる。1911年以来イェール児童研究所を主宰,48年退職後はゲゼル児童発達研究所を創設,児童の発達研究において,研究法の開拓をはじめ多くの業績を残すとともに後継者を育てた。彼の研究を代表するのは発達診断法developmental diagnosisの確立と,それによる発達規準の作成である。

ゲゼル【Silvio Gesell】

1862‐1930
ベルギー生れのドイツの経済学者。ブエノス・アイレスで商人として成功したが,1880年代のアルゼンチンにおける激しいインフレーションをみて,貨幣の価値の安定を求めて貨幣制度の改革を唱えた。その代表作は《自由な土地と自由な貨幣とによる自然的経済制度》(1916)であるが,金・銀などに依存しない国家貨幣の創造を通じて経済の安定化を指向する考え方は世界中に多くの信奉者をもち,予言者的な存在となっていった。貨幣の純粋理論や景気循環メカニズムについても先駆的な業績を残したが,理論的な完成度という点からアカデミックな世界では無視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゲゼル【Arnold Lucius Gesell】

1880~1961) アメリカの心理学者・小児科医。乳幼児の行動観察を行い発達の様相を精密に記述して、発達診断法を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲゼル
げぜる
Arnold Lucius Gesell
(1880―1961)

アメリカの児童心理学者。ウィスコンシン州マルマの生まれ。ウィスコンシン大学およびクラーク大学で教育学、心理学を学び、哲学博士の学位を得たのち、エール大学で小児医学を学び医学博士の学位をも取得。1911年同大学精神臨床学主任(准教授)となり、1915年同教授。この間、エール大学児童発達臨床研究所を創設し所長となる。同大学停年退職後は、ゲゼル児童発達研究所を創設して、死に至るまで研究を続けた。乳幼児の行動の詳細な観察によって、その発達過程を定型化し、年齢ごとの発達標準をつくり、これに基づく発達診断テストを標準化した。そのために、一方視スクリーンの適用、写真、映画記録の分析など優れた観察手法を編み出し、さらに一卵性双生児を交互に訓練して学習と成熟との関係を解明する双生児相互統制法を創始するなど、多くの業績をあげた。インドの狼(おおかみ)少女の記録の紹介で話題をまいた。[藤永 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲゼルの関連キーワードデューリングワーゲマンブエノスアイレス午前零時ドイツの小さな町エネルギー生産上田辰之助室田武大島堅一ボルトキエビチベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲゼルの関連情報