コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲリボル半島 ゲリボルはんとう

3件 の用語解説(ゲリボル半島の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ゲリボル半島【ゲリボルはんとう】

ガリポリ半島とも。トルコ北西部,ダーダネルス海峡北岸の半島で,延長約100km。西はエーゲ海,北西はサロス湾に臨む。第1次大戦中,英仏軍とトルコ軍との間で激戦が展開された地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゲリボルはんとう【ゲリボル半島 Gelibolu】

トルコ北西部,西のエーゲ海と東のマルマラ海を分ける半島。英語ではガリポリGallipoli半島とよばれる。サロス湾とダーダネルス海峡にのぞむ。長さ約100km,幅5.5~21km。第1次世界大戦イスタンブール攻略を目ざす英仏連合軍とオスマン・トルコ軍が戦闘を繰り広げた古戦場として有名。半島中央部に位置する中心都市ゲリボルは,オスマン帝国時代は海軍の基地であったが,現在は漁業の盛んな町で,人口5万0772(1980)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲリボル半島
げりぼるはんとう
Gelibolu Yarimadasi

ヨーロッパ・トルコ(トラキア)の南西端にあって、南西方向へ突出する半島。北西側はサロス湾で限られ、南東側はダーダネルス海峡を隔てて小アジア半島と向き合う。長さ約85キロメートル、幅6~20キロメートル。第一次世界大戦中の1915~16年には、イスタンブールをうかがうイギリスなどの連合軍をトルコ軍が迎え撃って勝利した戦場となった。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲリボル半島の関連キーワードアナトリアエーゲ海エーゲ文明ダーダネルス海峡マラカイボ湖マルマラ海フルマラソン金角湾ジュマルクズクマルマリス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone