コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーゲンバウア Gegenbaur, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーゲンバウア
Gegenbaur, Karl

[生]1826.8.21. ウュルツブルク
[没]1903.6.14. ハイデルベルク
ドイツの解剖学者。ウュルツブルク大学出身。イェナ大学教授 (1855~73) ,ハイデルベルク大学教授 (73~1903) 。 C.ダーウィン進化論を強力に支持し,比較解剖学上の知見をもってそれを裏づけようと努力した。『比較解剖学要論』 Grundzüge der vergleichenden Anatomie (1859) を著わし,動物種間にみられる構造上の関連性,特に器官の相同性に進化の証拠を求めることができると主張した。 1861年には,精子や卵がすべて単一の細胞から成るとする T.シュワンの仮説を実証した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲーゲンバウア

ドイツの比較解剖学者。イェーナ大学ハイデルベルク大学教授を歴任。初め無脊椎動物,後には脊椎動物の比較解剖学的研究を行い,進化論の強力な支持者の一人となった。骨芽細胞を発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ゲーゲンバウアの関連キーワードドイツ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android