ゲーゲンバウア(英語表記)Gegenbaur, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーゲンバウア
Gegenbaur, Karl

[生]1826.8.21. ウュルツブルク
[没]1903.6.14. ハイデルベルク
ドイツの解剖学者。ウュルツブルク大学出身。イェナ大学教授 (1855~73) ,ハイデルベルク大学教授 (73~1903) 。 C.ダーウィン進化論を強力に支持し,比較解剖学上の知見をもってそれを裏づけようと努力した。『比較解剖学要論』 Grundzüge der vergleichenden Anatomie (1859) を著わし,動物種間にみられる構造上の関連性,特に器官の相同性に進化の証拠を求めることができると主張した。 1861年には,精子や卵がすべて単一の細胞から成るとする T.シュワンの仮説を実証した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android