コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイター Coiter, Volcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイター
Coiter, Volcher

[生]1534. フローニンゲン
[没]1576/1590?
オランダの解剖学者,外科医。イタリア,フランスの主要大学で5年間研究し,G.ファロピウス,B.エウスタキオらに学ぶ。 1569年,ニュルンベルクの市医となり,のちに軍医となる。発生学,比較骨学に大きな業績を残した。その著書はコイター自身がみごとな挿図を描いていることで有名。日本では江戸時代に輸入され,『解体新書』の翻訳に参照した本として知られる。また,脳脊髄膜炎を初めて記載した (1573) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コイターの関連キーワード伯爵戦争証言証人自己株式クレメンス宇喜多能家クレメンスパウルス3世イグナティウス・デ・ロヨラサンガッロ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android