コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウリャン

2件 の用語解説(コウリャンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コウリャン

 ⇒モロコシ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウリャン
こうりゃん / 高粱
[学]Sorghum bicolor Moench

イネ科の一年草。穀粒を食用とするため、中国で広く栽培されている。高さ3メートルを超え、果実(穎果(えいか))は茎の先に穂状につく。アフリカ原産のモロコシがインドを経て4世紀以前に中国に伝わり、中国の風土に順応して多くの品種ができた。これらの品種群をコウリャンとよんでいる。[星川清親]

食品

搗精(とうせい)した穀粒100グラム中には、炭水化物74.3グラム、タンパク質9.5グラム、脂質2.6グラムを含む。タンパク質は多いが、可消化タンパクが少ない。また、渋味が強いので、精白は歩留り70~80%と強くする必要がある。製粉して団子や菓子にしたり、高粱酒(カオリャンチウ)(茅台酒(マオタイチウ)が有名)を醸造する。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウリャンの関連キーワード砂糖蜀黍諸腰玉蜀黍色蜀黍団子ソルガム糖トウモロコシ粉トウモロコシ油モロコシ糖モザイク病(ソルガム・スーダングラス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コウリャンの関連情報