コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウリャン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウリャン
こうりゃん / 高粱
[学]Sorghum bicolor Moench

イネ科の一年草。穀粒を食用とするため、中国で広く栽培されている。高さ3メートルを超え、果実(穎果(えいか))は茎の先に穂状につく。アフリカ原産のモロコシがインドを経て4世紀以前に中国に伝わり、中国の風土に順応して多くの品種ができた。これらの品種群をコウリャンとよんでいる。[星川清親]

食品

搗精(とうせい)した穀粒100グラム中には、炭水化物74.3グラム、タンパク質9.5グラム、脂質2.6グラムを含む。タンパク質は多いが、可消化タンパクが少ない。また、渋味が強いので、精白は歩留り70~80%と強くする必要がある。製粉して団子や菓子にしたり、高粱酒(カオリャンチウ)(茅台酒(マオタイチウ)が有名)を醸造する。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コウリャンの関連キーワード農書(中国の書名)カオリャンチウきびがら細工アジア式農業鉄嶺(中国)扶余(中国)コウリャン酒アヌアクチャムスパイチウパイカル葫蘆島すい渓マイロ社旗鎮通化商丘宿県離石通遼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コウリャンの関連情報