高粱酒(読み)コーリャンしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高粱酒
コーリャンしゅ

(パイチュー) とも呼ばれる。コーリャンまたはとうもろこし,ときにはじゃがいもを原料としキョクシという麹を用いて造る蒸留酒。原料を蒸し,その 20~30%量のキョクシを混合,土中で半固体状で発酵させ,約 10日後に蒸留する。アルコール濃度 60~70%。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうりょうしゅ【高粱酒】

コーリャンしゅ【高粱酒】

高粱を原料とする無色透明の蒸留酒。アルコール分60パーセント前後。こうりょうしゅ。白乾児パイカル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

コーリャンしゅ【高粱酒】


中国酒一種で、イネ科の一年草コーリャン(中国産のもろこしの一種)を主原料とする蒸留酒。主産地は中国北部の華北地方。無色透明で酸味があり独特の芳香をもつ。アルコール度数は40~60度。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりょう‐しゅ カウリャウ‥【高粱酒】

※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉九「高粱(カウリャウシュ)を出して洋盃に注ぎながら」

コーリャン‐しゅ【高粱酒】

〘名〙 高粱を原料としてつくった焼酎(しょうちゅう)。こうりょう酒。
※霧の中(1947)〈田宮虎彦〉「鼻を灼く様な高梁酒(コウリャンシュ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android