コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コサンド Cosand, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コサンド
Cosand, Joseph

[生]1851.10.2.
[没]1932.6.5.
アメリカのフレンド派の最初の宣教師。 1885年に来日して,普連土 (フレンド) 女学校を創立,経営にあたった (1888~1900) 。日清戦争のとき,見解の相違で同派から同胞教会に転じた。いったん帰米し翌年再来日 (01) 。日本禁酒会,日本平和協会などの運動に大きな貢献をした。 1920年に帰米。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コサンド Cosand, Joseph

1851-1932 アメリカの宣教師。
1851年10月2日生まれ。明治18年(1885)はじめてのフレンド派(クエーカー)教会宣教師として来日。攻玉社でおしえ,20年東京芝に普連土(フレンド)女学校をひらく。伝道方針をめぐり本国の伝道協会と対立,33年脱会して帰国。同胞教会に転じ,34年再来日して大正9年まで伝道活動をつづけた。1932年6月5日死去。80歳。インディアナ州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

コサンドの関連キーワードラサ商事日清戦争基督友会ライト同派

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android