コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスケンニエミ コスケンニエミKoskenniemi, Veikko Antero

3件 の用語解説(コスケンニエミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスケンニエミ
コスケンニエミ
Koskenniemi, Veikko Antero

[生]1885.7.8. オウル
[没]1962.8.4. トゥルク
フィンランド近代詩を開いた抒情詩人。トゥルク大学の文学教授,学長を歴任。アカデミー会員。フランスドイツ北欧文学に精通し,ショーペンハウアーキルケゴールに親しみ,人間の存在,生と死などの人生哲学ペシミスティックに歌い,その作風は高踏派を思わせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コスケンニエミ【Veikko Antero Koskenniemi】

1885‐1962
フィンランドの詩人。独・仏・北欧文学,とくにショーペンハウアー,キルケゴールに親しみ,フランス高踏派を思わせる,決然として含蓄の深い思想詩を残した。生・死・運命などを悲観的に詠んだ初期の作品は,西欧象徴主義流れを汲む。1940年代以後,極端なロマン主義に陥り見るべき作品は少ない。《心と死》(1919),《鶴の群翔》(1930),《火と灰》(1936)。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスケンニエミ
こすけんにえみ
Veikko Antero Koskenniemi
(1885―1962)

フィンランドの詩人。ドイツ、フランス、北欧文学、とくにショーペンハウアー、キルケゴールに親しみ、決然とした含蓄のある思想詩がフランスの高踏派(パルナッス)を思わせ、この国の近代詩を開いた。生・死・運命を悲観的にとらえた短詩群は西ヨーロッパ象徴主義の流れをくんでいる。1940年代以後ロマン主義に陥り、みるべき作品は少ない。主要作品として『心と死』(1919)、『鶴(つる)の群翔(ぐんしょう)』(1930)、『火と灰』(1936)などがある。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コスケンニエミの関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone