コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスケンニエミ コスケンニエミ Koskenniemi, Veikko Antero

3件 の用語解説(コスケンニエミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスケンニエミ
コスケンニエミ
Koskenniemi, Veikko Antero

[生]1885.7.8. オウル
[没]1962.8.4. トゥルク
フィンランド近代詩を開いた抒情詩人。トゥルク大学の文学教授,学長を歴任。アカデミー会員。フランスドイツ北欧文学に精通し,ショーペンハウアーキルケゴールに親しみ,人間の存在,生と死などの人生哲学ペシミスティックに歌い,その作風は高踏派を思わせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コスケンニエミ【Veikko Antero Koskenniemi】

1885‐1962
フィンランドの詩人。独・仏・北欧文学,とくにショーペンハウアー,キルケゴールに親しみ,フランス高踏派を思わせる,決然として含蓄の深い思想詩を残した。生・死・運命などを悲観的に詠んだ初期の作品は,西欧象徴主義流れを汲む。1940年代以後,極端なロマン主義に陥り見るべき作品は少ない。《心と死》(1919),《鶴の群翔》(1930),《火と灰》(1936)。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスケンニエミ
こすけんにえみ
Veikko Antero Koskenniemi
(1885―1962)

フィンランドの詩人。ドイツ、フランス、北欧文学、とくにショーペンハウアー、キルケゴールに親しみ、決然とした含蓄のある思想詩がフランスの高踏派(パルナッス)を思わせ、この国の近代詩を開いた。生・死・運命を悲観的にとらえた短詩群は西ヨーロッパ象徴主義の流れをくんでいる。1940年代以後ロマン主義に陥り、みるべき作品は少ない。主要作品として『心と死』(1919)、『鶴(つる)の群翔(ぐんしょう)』(1930)、『火と灰』(1936)などがある。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コスケンニエミの関連キーワードフィン人フィンランディア北欧フィンランド・サンタクロースマラソンフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバスルーネベリセタララリン・キュオスティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone