コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスティン Miron Costin

1件 の用語解説(コスティンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コスティン【Miron Costin】

1633‐91
ルーマニアの代表的な年代記作者。主著に《アロン公以後のモルドバ年代記》《モルドバ・ワラキア年代記》等がある。幼時家族とともにポーランド領ポドリアへ亡命し,同地のイエズス会の学校で古典を学んだ。1653年ころ帰国し,オスマントルコ軍の対オーストリア戦役に従軍し,また外交使節としてポーランドやイスタンブールへ赴いたが,彼個人は親ポーランド派ウィーン包囲救世主ヤン3世とも親交があった。晩年は貴族間の内訌にまきこまれ殺害された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コスティンの関連キーワードエネスコルーマニア語年代記物クルージュナポカ正教大聖堂ルーマニア地震ルーマニア狂詩曲対応時間の法則ルーマニアン・シープドッグ直野敦バルトーク:ルーマニア民俗舞曲/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コスティンの関連情報