コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタ コタKota

3件 の用語解説(コタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタ
Kota

インド北西部,ラージャスターン州南東部にある都市。コタ県の行政庁所在地チャンバル川中流の右岸に沿い,標高 265mに位置する。 14世紀に建設され,1625年にコタ藩王国の首都となった城郭都市で,当時の王宮やその後造営された王宮ウミッドバワンがある。綿織物,毛織物の工業があり,塩,穀物の集散地。チャンバル川上流 90kmには大規模なガンジーサーガル (ダム) がある。人口 53万 6444 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コタ(Kota)

インドネシアの首都ジャカルタの市街北部、ジャカルタ湾に面する一地区。オランダ領時代のバタビアの中心地であり、17世紀前半に東インド会社の拠点が置かれた。オールドジャカルタまたはオールドバタビアともよばれる。ファタヒラ広場の周辺には、コロニアル様式の旧市庁舎や旧裁判所をはじめ、歴史的建造物が多く残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

コタ

正式社名「コタ株式会社」。英文社名「COTA CO., LTD.」。化学工業。昭和54年(1979)「小田製薬株式会社」設立。平成13年(2001)現在の社名に変更。本社は京都府久世郡久御山町田井。化粧品製造会社。美容室向け頭髪用化粧品・医薬部外品の製造・販売を行う。販売とともに経営支援サービスも提供する「コンサルティングセールス」が特徴。東京証券取引所第2部上場。証券コード4923。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典内のコタの言及

【ジャカルタ】より

… 1619年以降,運河の開削,城壁,要塞,商館,住宅等の建設が繰り返し行われ,とくに1628年と29年にマタラム王スルタン・アグンがバタビアへの遠征に失敗してからは,町の拡大は著しく進んだ。町は運河に沿って南へ延びて現在のコタ地区が形成され,18世紀半ば以降はウェルテフレーデン地区(現在のジャカルタ中心部)に教会,広場,総督府,法学校,市庁舎が,また1877年から1917年にかけて東方のタンジュン・プリオクに新しい外港が建設された。さらに,南東方のメーステル・コルネリス地区(現在のジャティネガラ)に軍施設が設置されて町の外縁はいっそう拡大した。…

※「コタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コタの関連情報