コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッコロバ sea grape

翻訳|sea grape

1件 の用語解説(コッコロバの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コッコロバ【sea grape】

西インド諸島をはじめ熱帯アメリカ原産のタデ科の低木。和名のハマベブドウの名のとおり,海岸近くによく育ち,防風用に植えられることもある。枝はややジグザグ状に伸び,高さ6mくらいになる。葉は厚い革質で,光沢があり,円心形,幅15~18cm,主脈は赤色を帯びる。夏に上部葉腋(ようえき)に長さ15~25cmの総状花序をつけ,芳香のある黄白色の小花を多数つける。やがて花被片が多肉となり,直径1cm以上の果実をブドウの房のようにつけ,下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コッコロバの関連キーワードアメリカインディアン諸語北アメリカグアバサポジラ西インド諸島パキラアセロラアメリカ地中海チクル小笠原の外来植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone