コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッパー・ベルト Copper Belt

1件 の用語解説(コッパー・ベルトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コッパー・ベルト【Copper Belt】

アフリカ南部のザンビアからコンゴ民主共和国にかけて連続する,長さ約500km,幅約80kmの世界有数の銅鉱床地帯。ここから生産される銅により,両国はアメリカロシア,チリに次ぎ,カナダと並ぶ主要産銅国となっており,世界の陸上銅資源の12%を埋蔵していると推定されている。副産物として回収されるコバルトも重要で,両国で世界の70%近くのコバルトを生産している。鉱床は原生代後期の砂岩やケツ岩中の層状の鉱床で,銅品位はふつう3~5%,時に15%以上に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコッパー・ベルトの言及

【ザンビア】より

…しかも降水量の90%以上が,熱帯収束帯(ITC)が国土上を往復する11~4月の暖雨季に集中するのが特色である。【戸谷 洋】
[住民,社会]
 世界第2の銅産出国であり,いわゆるコッパー・ベルトを中心に都市化の進展が著しい。したがって,住民も近代化の波を受け,生活も変化しているが,伝統的な自給農耕の生活様式を残している人びとも多い。…

※「コッパー・ベルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コッパー・ベルトの関連キーワードコンゴ川コンゴ盆地ザンビアバンギベンゲラマウンテンゴリラモザンビークアフリカ難民コンゴシャバ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コッパー・ベルトの関連情報