コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニシキソウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニシキソウ

ニシキソウ(錦草)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コニシキソウ
こにしきそう / 小錦草
[学]Euphorbia supina Rafin.

トウダイグサ科の一年草。根は細く、茎は地をはって広がり、長さ10~25センチメートルとなり、毛があり、暗紅色を帯びる。葉は対生し、倒卵楕円(だえん)形で長さ0.7~1センチメートル、鈍い鋸歯(きょし)があり、表面に紅斑(こうはん)があり、裏面は毛がある。7~10月、葉腋(ようえき)に小形の杯状(はいじょう)花序をつける。(さくか)は卵球形、径約1.8ミリメートルで下向きにつき、細毛が密生する。種子は長さ0.6ミリメートル、3稜(りょう)があり、表面に横じわがある。北アメリカ原産の帰化植物で、北海道から九州にかけての荒れ地や道端の雑草となっている。名は、ニシキソウに似るが、小さいことによる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コニシキソウの関連キーワードニシキソウ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android