コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野富太郎 まきの とみたろう

デジタル大辞泉の解説

まきの‐とみたろう〔‐とみタラウ〕【牧野富太郎】

[1862~1957]植物分類学者。高知の生まれ。小学校中退、独学で植物学を研究。日本各地の植物を採集して歩き、多数の新種を発見・命名。すぐれた植物図を描き、植物採集会を指導するなど知識の普及にも尽力した。文化勲章受章。著「日本植物志図篇」「日本植物図鑑」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

牧野富太郎【まきのとみたろう】

植物学者。高知県生れ。小学校を中退し,独学で植物学を研究。1884年の上京後は東大理学部に出入し,助手・嘱託を経て講師。広く各地に植物を採集し,多くの新種を記載した。
→関連項目ヤマトグサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野富太郎 まきの-とみたろう

1862-1957 明治-昭和時代の植物学者。
文久2年4月24日生まれ。土佐(高知県)の酒造家牧野佐平の長男。独学で植物学をおさめる。明治17年東京大学植物学教室にはいり,四十余年助手,講師をつとめる。新種1000,変種1500余に命名した。昭和25年学士院会員。26年文化功労者。28年東京都名誉都民第1号。昭和32年1月18日死去。94歳。死後文化勲章。著作に「日本植物志図篇」「牧野日本植物図鑑」「植物記」など。
【格言など】花は黙っています。それなのになぜ,あんなに快く匂っているのでしょうか?

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

牧野富太郎

没年:昭和32.1.18(1957)
生年:文久2.4.24(1862.5.22)
明治から昭和期の在野の植物学者。土佐国(高知県)佐川村の酒造家の長男に生まれた。独学で植物学を学び,明治17(1884)年の上京後は東大植物学教室に出入りして研究,『植物学雑誌』の発刊(1887)にもかかわった。職歴は東京帝大理科大学(東大理学部)助手・嘱託(1893~1912)と同講師(1912~39)だけだが,作成した標本は40万点,記載した新種は1000種に達し,日本産植物の分類の基礎を築いた。『植物研究雑誌』の創刊(1916)のほか,各地の植物同好会の育成や植物知識の普及にも尽力し,『牧野日本植物図鑑』(1940)は改訂版が今日も愛用されている。『牧野植物学全集』の出版によって朝日文化賞(1937)を受け,のち日本学士院会員(1950),文化功労者(1951)に選ばれ,没後に文化勲章を贈られた。自作「草をしとねに 木の根をまくら 花に恋して90年」が,その生涯をいい尽くしている。<参考文献>渋谷章『牧野富太郎』

(磯野直秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まきのとみたろう【牧野富太郎】

1862‐1957(文久2‐昭和32)
植物分類学者。土佐(高知県)佐川の酒造家の生れ。小学校を中退して独力で植物学を学び,1884年上京して東京大学植物学教室に出入りし,矢田部良吉松村任三に接し植物分類学の研究に進み,88年《日本植物志図篇》第1巻第1集を公にした。89年には大久保三郎とともに新種ヤマトグサを発表,これは日本初の国際的な学名の発表であった。一時,教室出入りをさし止められたが,93年に助手に採用され,植物の分類記載のしごとに専心,1900年に《大日本植物志》第1集を刊行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まきのとみたろう【牧野富太郎】

1862~1957) 植物分類学者。土佐生まれ。小学校中退。独学で植物学を研究、広く植物を採集し、1888年から「日本植物志図篇」を出版し多くの新種を記載。また、すぐれた植物図を作成して一般の植物知識普及に努めた。近代日本の植物分類学の確立者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野富太郎
まきのとみたろう

[生]文久2(1862).4.24. 高知
[没]1957.1.18. 東京
植物分類学者。植物の分類に興味をもち,独学で世界的な鑑識学者となった。幼くして両親を失い,小学校も中途退学して,以後独学。 1878年頃博物学を教えていた永沼小一郎と知り合い,その影響で植物学を研究。東京大学教授の矢田部良吉に認められ,東京大学に奉職し,後年,日本学士院会員となり (1950) ,1957年に文化勲章を授けられた (追贈) 。新種の記載は 500種をこえ,『牧野日本植物図鑑』 (1940) をはじめ植物分類学に関する著書多数がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧野富太郎
まきのとみたろう
(1862―1957)

植物学者。土佐国(高知県)佐川(さかわ)村(現、高岡郡佐川町)の酒造家の生まれ。幼くして父母、祖父を失い、祖母に育てられ、6歳で明治維新を迎えた。9歳のとき寺子屋に入り、植物に興味を覚え始めた。1872年(明治5)寺子屋廃止に伴い藩校の名教(めいこう)館に入りヨーロッパの科学に接した。2年後、学制発布に伴い名教館は廃止となり、新制の小学校に入学(12歳)。2年間で教程を終えて退学、植物の調査・採集に熱中した。1879年、17歳で師範学校教諭永沼小一郎(ながぬまこいちろう)に師事、近代科学の精神について自覚、本草(ほんぞう)学から植物分類学へと転進、1881年、東京で勧業博覧会を見学の際、田中芳男(たなかよしお)に面接、東京大学植物学教室を訪ね、標本と海外の文献に接した。郷里に帰り理学会を創立、科学思想の普及に努めた。
 1884年、再度上京、東京大学教授の矢田部良吉に認められ植物学教室に出入りを許され、植物分類学の専門的研究に没頭した。1888年『日本植物志図篇(へん)』創刊。以後、精力的に新植物の発見、命名、記載の業績を積み、植物分類学の第一人者となった。1890年、一時、教室出入りの差し止めを受けるなど圧迫があったが耐え、1893年帝国大学助手、1912年(明治45)講師となる。教務のほか、民間の植物同好会による採集会を指導し植物知識の普及に尽力し影響を残した。1927年(昭和2)65歳で理学博士、1939年77歳で退職した。1950年(昭和25)日本学士院会員、翌年文化功労者、1953年東京都名誉都民となり、95歳で死去するとともに文化勲章を受章。[佐藤七郎]
『『牧野富太郎選集』全5巻(1970・東京美術/複製・2008・学術出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の牧野富太郎の言及

【コニシキソウ(小錦草)】より

…1895年に牧野富太郎が東京と横浜で発見した北アメリカ原産の帰化植物で,現在では日本全国の畑地や路傍にごく普通にみられるトウダイグサ科の小型の一年草(イラスト)。暗赤色の細い茎が分枝しながら地上をはう。…

【草木図説】より

…参考にした蘭書は,ホッタインMartin Houttuynの博物誌を中心に,ドドネウスRembert Dodonaeus,オスカンプDieterich Leonhard Oscamp,キニホフJohann Hieronymus Kniphof,ワインマンJohann Wilhelm Weinmannの植物学書5種である。明治に入り,田中芳男・小野職愨増訂の第2版(1875),牧野富太郎による増訂の第3版(1907)が出版され,明治期にもおおいに利用された。未刊の木部は,1977年に北村四郎編注で出版された。…

※「牧野富太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧野富太郎の関連キーワード佐野藤右衛門(15代)コニシキソウ(小錦草)高知県高岡郡佐川町甲ドミトリーともきんすマキノゴケ(牧野苔)横倉山自然の森博物館ヤマトグサ(大和草)高知県高知市五台山ムジナモ(貉藻)鈴木貞次郎(2)佐野 藤右衛門福田 金次郎牧野 富太郎与世里 盛春佐川(町)黒田 徳米前川 文夫与世里盛春ミサオノキタキミシダ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牧野富太郎の関連情報