コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノピシュチェ城 コノピシュチェジョウ

2件 の用語解説(コノピシュチェ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コノピシュチェ‐じょう〔‐ジヤウ〕【コノピシュチェ城】

Zámek Konopiště》チェコの首都プラハ郊外にある城。プラハの南約30キロメートルの町ベネショフに位置する。元は13世紀に建てられた城塞だったが、19世紀末にオーストリア皇太子フランツ=フェルディナンドが買い取って改修した。皇太子が趣味の狩猟で集めた動物のはく製のほか、刀剣や銃器のコレクションがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

コノピシュチェじょう【コノピシュチェ城】

チェコの首都プラハにある城。プラハの南30kmの森の中に位置し、もともとは13世紀に建造された城塞だった。1889年、サラエボで狙撃され、第一次世界大戦の引き金となったオーストリア皇太子、フランツ・フェルディナント・デ・エステがこの城を買い取り、ネオルネサンス様式に建て替えて、城内にさまざまな収集品を飾った。現在は、武器や陶器の収集品、皇太子が仕留めた動物の剥製(はくせい)などが展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノピシュチェ城の関連キーワードプラハプラハの春黄金小道カルルシュテイン城カレル通りトロヤ城プラハ城プラハの天文時計プラハ・フィルハーモニアプラハマラソン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone