コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノピシュチェ城 コノピシュチェジョウ

デジタル大辞泉の解説

コノピシュチェ‐じょう〔‐ジヤウ〕【コノピシュチェ城】

Zámek Konopiště》チェコの首都プラハ郊外にある城。プラハの南約30キロメートルの町ベネショフに位置する。元は13世紀に建てられた城塞だったが、19世紀末にオーストリア皇太子フランツ=フェルディナンドが買い取って改修した。皇太子が趣味の狩猟で集めた動物のはく製のほか、刀剣銃器のコレクションがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

コノピシュチェじょう【コノピシュチェ城】

チェコの首都プラハにある城。プラハの南30kmの森の中に位置し、もともとは13世紀に建造された城塞だった。1889年、サラエボで狙撃され、第一次世界大戦の引き金となったオーストリア皇太子、フランツ・フェルディナント・デ・エステがこの城を買い取り、ネオルネサンス様式に建て替えて、城内にさまざまな収集品を飾った。現在は、武器や陶器の収集品、皇太子が仕留めた動物の剥製(はくせい)などが展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

コノピシュチェ城の関連キーワードフェルディナンドチェコ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android