コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルト鉱物 コバルトこうぶつcobalt mineral

世界大百科事典 第2版の解説

コバルトこうぶつ【コバルト鉱物 cobalt mineral】

コバルトを主成分の一つとして含む鉱物をいう。コバルトの鉱石は,現在日本からは産出していない。主要産地はアフリカのコンゴ民主共和国からザンビアにまたがるコッパー・ベルトである。北のコンゴ民主共和国では銅の1/30,南のザンビアでは1/300程度のコバルトをリンネ鉱linnaeite Co3S4,カロライトcarrollite (Co,Cu)3S4などのチオスピネルとして含んでいる。コバルトはヒ素と結合して,輝コバルト鉱(Co,Fe)AsS,スクテルード鉱skutterudite(方コバルト鉱ともいう)(Co,Ni)As3として銀‐コバルト鉱脈中に産出する(ノルウェー,スウェーデン,ドイツ,カナダなど)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コバルト鉱物の関連キーワード元素発見史(年表)砒四面銅鉱赤礬

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android