コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コピーホールダー コピーホールダーcopyholder

翻訳|copyholder

3件 の用語解説(コピーホールダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コピーホールダー
コピーホールダー
copyholder

謄本保有農。イギリス中世において,土地保有その他の諸権利が荘園裁判所の公簿に登録され,したがってその謄本を所持することにより,みずからの権利を立証できる農民。荘園制の解体に伴い,かつての農奴が次第に昇格してコピーホールダーになり,さらにフリーホールダー (自由保有農) に接近した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コピーホールダー

英国の農民のうちマナー裁判所記録簿の謄本(とうほん)によって保有地の権利が慣習として保証された農民をさす。謄本保有農の訳語があてられる。14世紀末ごろから成立したが,早くも16世紀には領主たちは彼らを定期借地農リースホールダー)に変えるようになった。
→関連項目フリーホールダー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コピーホールダー【copyholder】

イギリスにおいてマナーの慣習に基づき,マナー裁判所記録簿の謄本によって保有地の権利を保障された農民。謄本保有農と訳す。隷農制に起源をもつ慣習的保有農の一種で,14世紀末から15世紀に成立した。コモン・ローの保護は得られないが,16世紀には領主の慣習無視を理由に政府の裁判所が関与するようになった。領主は彼らを定期借地農(リースホールダー)に変える策をとった。1922年の財産法によって謄本保有は自由保有に変えられて廃止となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコピーホールダーの言及

【ヨーマン】より

…ところが14世紀半ばから15世紀初めにかけて人口の減少,農民の逃散,労働力の不足などが生じ,領主層はこれらに対処して耕作者を確保する必要から農奴の負担を軽減,そのため賦役の貨幣納への変換(金納化)が進んだ。農奴は今や彼の属する荘園の慣習には服するが,その他の点では自由農民と大差がなくなり,さらに荘園裁判所に土地の保有を登録し,その謄本を証明として所持するだけの謄本保有農(コピーホールダー)となった。ヨーマンはこうして含意が広がり,これら慣習保有農,謄本保有農を含む中規模のあらゆる農民をさす語となった。…

※「コピーホールダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone