コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプロセッサー コプロセッサー

4件 の用語解説(コプロセッサーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コプロセッサー

CPUの処理の補助や代行をする集積回路のこと。副処理装置ともいう。特定の処理をCPUに代わって実行することで、コンピューター全体の処理速度が向上する。浮動小数点演算を専門に処理する数値演算プロセッサーFPU)や暗号化専用のセキュリティー・コプロセッサーなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コプロセッサー(co-processor)

マイクロプロセッサーの機能強化を目的とする補助プロセッサーのこと。浮動小数点演算を行うFPUなどがある。副処理装置補助処理装置

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

コプロセッサー【coprocessor】

コンピューターのCPUの代わりに特定の処理を担う処理装置。浮動小数点数の演算に特化したFPUコンピューターグラフィックスの描画処理を行う処理装置など。◇「副処理装置」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプロセッサー
こぷろせっさー
co-processor

中央処理装置(CPU)を補助するために搭載される、機能を特化させた補助処理装置。コ・プロセッサやコプロなどとも表記する。CPUに直接接続して利用される。
 CPUからのコマンドを受けて動作し、CPUの補助として並列で動作するため、各種演算を高速化できる。浮動小数点計算などの演算を高速に行う数値演算プロセッサー(FPU:floating point number processing unit)、メモリー管理を行うMMU(memory management unit)、画像処理を行うグラフィックプロセッサー(GPU:graphics processing unit)、暗号化処理専用のセキュリティ・コプロセッサーなどがある。
 近年、パソコン用のCPUおいてはコプロセッサーを内蔵することが多くなったため、GPUや暗号用などの一部を除いて使われることが少なくなっている。それでも、サーバー向けコプロセッサーの登場や、スマートフォンのiPhoneに専用コプロセッサーが搭載されるなど、新たな活用の動きがある。サーバー用途ではコストを抑えながら処理能力を大幅に向上でき、iPhoneでは一部のセンサーなどからの情報処理の速度向上や省電力を実現している。さらに、高性能コンピューティング(HPC:high performance computing)向けFPU、Java(ジャバ)やXML用、ゲーム用などのコプロセッサーも登場してきている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプロセッサーの関連キーワードMSIOEIC超大規模集積回路中央処理装置光集積回路ULSIスーパーチップハイブリッドアイシーMMICMOSIC

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コプロセッサーの関連情報