コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプロセッサー コプロセッサー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コプロセッサー

CPUの処理の補助や代行をする集積回路のこと。副処理装置ともいう。特定の処理をCPUに代わって実行することで、コンピューター全体の処理速度が向上する。浮動小数点演算を専門に処理する数値演算プロセッサーFPU)や暗号化専用のセキュリティー・コプロセッサーなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コプロセッサー
こぷろせっさー
co-processor

中央処理装置(CPU)を補助するために搭載される、機能を特化させた補助処理装置。コ・プロセッサやコプロなどとも表記する。CPUに直接接続して利用される。
 CPUからのコマンドを受けて動作し、CPUの補助として並列で動作するため、各種演算を高速化できる。浮動小数点計算などの演算を高速に行う数値演算プロセッサー(FPU:floating point number processing unit)、メモリー管理を行うMMU(memory management unit)、画像処理を行うグラフィックプロセッサー(GPU:graphics processing unit)、暗号化処理専用のセキュリティ・コプロセッサーなどがある。
 近年、パソコン用のCPUおいてはコプロセッサーを内蔵することが多くなったため、GPUや暗号用などの一部を除いて使われることが少なくなっている。それでも、サーバー向けコプロセッサーの登場や、スマートフォンのiPhoneに専用コプロセッサーが搭載されるなど、新たな活用の動きがある。サーバー用途ではコストを抑えながら処理能力を大幅に向上でき、iPhoneでは一部のセンサーなどからの情報処理の速度向上や省電力を実現している。さらに、高性能コンピューティング(HPC:high performance computing)向けFPU、Java(ジャバ)やXML用、ゲーム用などのコプロセッサーも登場してきている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コプロセッサーの関連キーワードマルチコアマルチコアCore i7HyperTransport仮想化オーバークロックCULVVAIO Z2次キャッシュ互換CPU

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コプロセッサーの関連情報